> > 『パチスロ モンキーターンII』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『パチスロ モンキーターンII』  
text by 佐々木 真
 
機種画像 機種画像 楽しみにしていた『パチスロ モンキーターンII』が、ようやく導入開始となりました。正直なところ、初代は完全に乗り遅れまして。いや早い段階からフリーズの使い方などに着目はしていたんですが、初期導入が少なかったですからね。全国的に増台されてからは、全台低設定だけど全リセしてくれるホールで朝ばっかり打ってました(汗)。なので、今回は最初からしっかり打ちたいな……と。

一撃万枚ではなく、天国ループなどで持ちこたえながらちょっとした山を掴んでジワジワ伸ばしていく。『ぱちスロAKB48』にハマっていたのは『モンキー』の後継機に思えてならなかったからです。こういう出玉の作り方、好きなんですよ。

しかし、そんな個人の思惑とは裏腹に朝イチの抽選運は相変わらずなわけで。確実に座れそうなところを必死になって考えます。そして、思いつきました。山佐さんのショールームです(笑)。

「抽選に漏れて座れませんでした」そんな電話の切り出しとなった個人的なお願いだったんですが、快諾をいただけて大感謝。打ちたいのにまだ打てていない人には申し訳ないんですが、たまにはこういう役得があっても良いでしょう。14年間ライターをやらせてもらっていますが、雑誌などの編集部を通さずにショールーム実戦をするのは初めてですよ。

広告規制により、最近は設定のわかる台を打てる機会がめっきり減っています。そこで、全台設定6のスロゲーセンなど設定のわかる実戦をやってみるのも良いのかもと最近思っていたところでして。もちろん、ホールではないので、どんなに出してもお金は増えないですけどね。でも、だったらショールームのほうが良いですよね。最新台のデータを採れるんですから。

ということで、各メーカーの広報の皆様、個人的にお願いをすることも出てくるかとは思いますが、その際はよろしくお願いします(笑)。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る