コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『パチスロ モンキーターンII』vol.2  
 

実戦データ
店舗名 山佐ショールーム
換金率
遊技ルール
機種名 パチスロ モンキーターンII
投資 ゲーム数 ボーナス
『モンキーターンII』設定6
(109優出:黄・洞口
(207優出:青・潮崎
(265優出:青・榎木
280SG
上乗せ計+20G
70終了:172枚
48SG
50終了:95枚・ロゴ
(26優出:黄・榎木
(109優出:黄・洞口
(268波多野超抜:??
276SG
(502連目
90終了:215枚
(77優出:青・潮崎
93SG
上乗せ計+20G
90終了:192枚
(74超抜:弱チェ・14pt
127SG
上乗せ計+20G
(702連目
全速:ありさ+150G
V揃い
上乗せ計+260G
(4813連目
(5214連目
561終了:1335枚
(79超抜:弱チェ・16pt
(144超抜:強チェ・19pt
135SG
全速:ありさ+150G
全速:波多野23G継続
全速:波多野58G継続
W揃い+100G
上乗せ計+390G
(7712連目
771終了時刻:1876枚
総ゲーム数:2630G
通常ゲーム数:959G
初当たり:6回(1/159.8)
超抜回数:4回(1/239.8)
ATゲーム数:1632G
準備中:39G
総投資額
総獲得枚数 +2338枚
換金額
収支

こちらは蒲生チャレンジ

新装直後のホールでは一番人気だったように思える蒲生チャレンジ。個人的にも抽選内容は好みなんですが……やっぱり榎木のほうが得をしようと攻略している気分になれるのが大きいのです。とはいえ、両方とも同じように消化しても面白さが減るので、右側の台は超抜を蒲生チャレンジにしてみました。

もっとも、最初に蒲生チャレンジを選択した時は、いきなり次ゲームで波多野チャレンジに書き換えられたんですけど。超抜を複数回失敗した時の保証と思っていたのですが、まさかの1発目で書き換え。6連続白玉でスカって7回目の赤玉で当選。リプレイのヒキが強くなくて良かったですな。結局、蒲生チャレンジは3回挑戦してみて「14pt / 16pt / 19pt」で19ptしか当たらず。相性も普通程度らしいので、今後は安心して榎木さんにお願いします(笑)。

そうそう、ちょいちょいと解析値が出てきましたな。強チェリーと強チャンス目は高設定ほど出現し、弱チェリーとボートは低設定ほど出現しやすい傾向があります。で、5578Gの合算値から計算してみると(数値は前回のコラムを参照)……

設定1…17.94%
設定2…17.94%
設定3…17.94%
設定4…20.53%
設定5…16.10%
設定6…9.56%

こんな結果となりました。5578Gといえば半日は軽く超すサンプルですが、設定6を打ったのに正直どの設定だかはわからないレベル。ちなみに、左の台なんて2948G回して強チェリー4回(1/737.0)と設定1を大きく下回っています。小役をチェックするのも一応はやっておくべきことかもしれませんが、それ以外の挙動を掴むことのほうが遙かに重要な機種と言えるでしょう。設定発表をやってくれるホールがほぼない現状だけに、ちゃんとした答えは出ないんですけどね。

まぁ、現状は小役関連の数値しか出ていないようですが、それに頼るのは危険ということで。左側の強チェリー確率のみをピックアップしましたが、右側の台の強レア小役確率は序盤悲惨なことになってましたから。少なくとも、朝イチの設定変更狙いとかだけの実戦で「ヒイてたから・ヒイてなかったから」は危険です。

序盤は苦戦も、右手の勝利!?

右側の台の序盤は、強レア小役の落ちも悪かったこともあって、超抜にもなかなか入らず。最大ハマリが300Gすら超えないことを除いては苦戦気味でした。初当たり6回も「単発・単発・2連・2連……」でしたから。そこから1000枚超えの山が連続してきてくれて、最終的には左の台を追い越していきました。

……なんですが、いろいろとシンクロするもんですね。左側の台でありさ全速から+200Gを出した15分後に右側の台でもありさ全速で+150G。両方ともVのWライン揃いが発生して、2連目の開始時点で閉館の時刻となってしまいました。5578Gで差枚合計は+4000枚。さらにどちらもSG継続中。たまたまにしては、凄すぎる。ま、完全にオカルトですけどね。

しかし、今まで右手でダメなら左手でレバーを叩くとかしてましたが、意味がなかったのかもと思わされます。手じゃない。本人のヒキの具合のみなのかも(笑)。信じる信じないに関係ない部分なので、勝手に妄想してゲラゲラ笑っていたほうが楽しんだ分だけお得でしょう。そうすることにします。

今のホールは掛け持ち遊技が禁止が基本なので、皆様はこのような実験をしないでくださいね。たまに、隣の台のGOGO!!ランプを光らせてるオジさまがいたりしますけど(汗)。

せっかくなので、設定6プチ実戦データを連続で掲載しましたが。この日のありさ全速の乗せっぷりと波多野全速でのハマれっぷりはホールに取っておいて欲しかったと痛感中(笑)。ま、でも楽しいのでしばし打ち込むこととします。
text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る