コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『パチスロ モンスターハンター 月下雷鳴』  
 

実戦データ
店舗名 某所某店
換金率
遊技ルール
機種名 パチスロ モンスターハンター 月下雷鳴
クイーンハナハナ-30
マイジャグラーII
投資 ゲーム数 ボーナス
14000364)ビンゴ
372AT40
1000126AT50
5AT50(リオレイア希少種で成功・剥ぎ取り虹で6個)
1AT20
2AT20
14AT60
4AT40
3AT40
0ヤメ(1035枚)
「店移動」
2000100
60REG(右)
56BIG
193BIG
245REG(右)
155BIG(スイカ×2)
3REG(左・パネルフラッシュ)
60ヤメ(619枚)
「店移動」
7000192BIG
54BIG
3BIG
24BIG
68BIG
53BIG
27REG
130BIG
47REG
205REG
42BIG
34REG
0ヤメ(1856枚)
総投資額 24000円
総獲得枚数 1035枚・619枚・1856枚
換金額
収支

敢えて作った『ビーマ』の日

なぜなのかは全く持って不明ですが、急に5月の下旬から6月いっぱいまでにかけて、仕事が忙しくなってきまして。6月の平日の空き日はもうなし……。まるで私を『ビーマックス』から遠ざけようとしているかのようなスケジュールのたてこみようなので、私も少しばかりの抵抗として、6月が埋まり切るちょっと前に「ここだけは丸一日『ビーマ』の日」という勝手なる記念日……もとい実戦日を作ることにしました。そうでもしないと毎回仕事の間のちょろ打ちばかりで、ドル箱を使うこともなければジャブジャブお金を使うこともなく、『ビーマックス』本来の面白さが体感できませんからね。

今回のデータは「来店取材」での一コマ。この日は1日に3店舗(1時間半×3)回ったんですが、なんと1軒目では「剥ぎ取りレインボー」からの6個乗せで取り切れず。2軒目では『クイーンハナハナ』でREG後のパネルフラッシュという激レア確定演出(設定3以上確定……ほぼ高設定確定)を引いた直後に退店……など、1年分のヒキをすべて使ったかのような1日となりましてビックリですよ。同じ引きを……できれば『ビーマ』で使ってほしかったと思うのは贅沢でしょうかね。

『ビーマ』、甘すぎる

しかしまぁホント最近は、その『ビーマックス』と『モンスターハンター月下雷鳴』、それと『ハッピージャグラー2』を少々……といった具合に、これら3機種しかほとんど触っていない状況です。もちろん面白いことも理由の一つではありますが、それと同時に『勝てる』ってんだからほかの機種を触る理由なんて一つも見つからない。
好きで好きで好きで……で打つであろうと思っていた『ビーマックス』も、仕事でこそ1度だけ負けましたが今のところプライベートでは全戦全勝。BIG確率がひどいことになっていますが、それでも勝っているというのだから甘さを痛感するばかりです。

何が勝てる理由かというと、やはり「ビタの簡単さ」があげられるような気がします。
ビタメーター……なるものが付いているくらい、「ビタとしての許容範囲」が広いマシンなので、実質2コマ近い余裕があるのがその理由の一つ。機械割をフルに活かせるのは本当にうれしいですよね。これから先もこういった『技術介入によって甘くなるマシン』というのが出てくるのかとも思いますが、『うみねこ』と違って打ち手のビタに対する敷居を下げてくれることで、こういった機種の人気に火が付く可能性を考えると、そんなところまで『ビーマ』は名機なんだなぁ……と痛感せずにはいられません。ちなみに昨日はロケで『ビーマ』……のあと帰り道に『ビーマ』……の2本立て実戦でしたが、REG20回以上引いてミスは1回。成功率99%以上。まだまだ現役で頑張っていきたいものです(笑)。

さて、ホール初打ちからほとんどを「順押し適当打ち」で過ごしておりますが、ほとんどすべてのリーチ目を見たような気もしております。……でもたぶん、気がしているだけでそんなことはないのでしょうし。なにより今はまだ「形だけ」のリーチ目を見ているだけで、スベリなどを含めたものはまだまだ探究中ですので今日からまた打ち込みまくりたいと思います。

写真は、今一番お気に入りの一枚。
中段スイカからの「スイカ→BAR」は、順押しで2確、リプレイ・スイカ・爆弾のハサミトリプルテンパイはハサミ打ちでも2確。2確+2確の美しき出目であります。
text by ワサビ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る