コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『B-MAX』の泣きどころ!?  
 

実戦データ
店舗名
換金率
遊技ルール
機種名
投資 ゲーム数 ボーナス
総投資額
総獲得枚数
換金額
収支

ボーナス種別が問題なのである

単に出目マニアを喜ばせるだけでなく、前々回で書いたようにマニアをも唸らせるシステムとなっている新生『B-MAX』。もちろん、ワサビさんも私も大絶賛中ですが、いろいろなものを詰め込むための代償もあるのです。

若干のRTはありますが、ひとまず置いておきましょう。ボーナスのみでコインを増やしていくタイプを作る際に、最初のポイントとなるのが第二種特別役物(2種BB・MB・CB)を搭載するかどうかです。ジャグ系やハイビスカス系のREGは、この2種BBという括りになります。

出玉検査では、全体のコインを見て「ボーナス中に出た分・通常時の小役で出た分」の割合もチェックされますが、2種BBを搭載するとボーナス分に割ける量が優遇されます。通常時のベースを削りやすくなる&ボーナスの合成確率を高くしやすくなります。もちろん、ボーナス確率の高い高設定となるほど、決められた比率を守れるように若干だけ小役確率も高くする必要は出てきますけどね。上手く設計すれば『アイジャグ』系のように若干ブドウが……くらいには抑えられます。

しかし、2種BBを搭載しない1種限定の機種は、ボーナス分の優遇がないのです。5号機初期は、BIG1発でなるべく4号機に近い出玉をと1種限定の機種も多く出てきましたが……通常時の小役出現率だけで、高設定か推測されてしまっていました。

『B-MAX』も1種限定でして。ボーナス確率に大きな設定差を付けないようにしていますし、過去の1種限定機種からの教訓も活かされた設計になっているとも思います。が、やっぱり高設定ほど爆弾の確率が高くなってしまうかと。

なので、フラッと座った台で爆弾がオチないと、若干打つ気が削がれてしまうのです。どうせ、設定1でしょうけど、どうせなら、いやせめて爆弾くらいはヒケる台で打ちたいと思ってしまうのが人情。

まだ正確な数値は出ていませんけどね。ボーナス確率や機械割から逆算で計算しようと途中まで作っていたエクセルもブッ飛びまして。原稿の締め切り的に再築するのも面倒なのでアレですが(笑)。

1つだけ確かなことを書いておくと。通常時の爆弾確率に設定差があった場合、低設定ほどJACハズシ前の小役成立でRTに入れられないケースが減る代わり、爆弾待ちの間に何回もJACハズシをさせられる展開になりやすいです。BIG中もJACゲーム中以外は小役確率が同じはずなので。

ということは、1種限定ではなくチョロっとした2種BBを搭載しておけば良いじゃない。そう思われる方も出てくるでしょうが、2種BBありのタイプは、BIGの払い出し枚数が360枚超までと制限されてしまいます。1種限定であれば465枚超にできます。普通の機種ならば、2種BBありにしたくなりますね。

まだ長く続くので、次のカラムに移動しときます。

2種BBありでは作れないのよ

しかし、2種搭載型のBIGでJACインハズシによる技術介入も搭載するとBIGの純増枚数がかなり下がってしまうのです。JACイン入賞時のコイン払い出しは0枚でなくてはなりませんから。こういったJACイン入賞時のコインロスで純増枚数が減ってしまわないよう「規定枚数に到達するまで、オートでJACイン入賞したことにできる」という規定を使っているのが、通常機種のBIGなのです。

JACインさせるタイプのままコインロスを減らすには、JAC入賞規定回数を最大の8回にすることですが、すると今度は枚数調整が難しくなってしまいます。最後に何回もの爆弾待ちとなったり、JACゲーム中に小役ハズシをすることに。これも結局はBIGの獲得枚数が下がってしまいます。

初代のような大量獲得機はご時世的には無理。そこは諦めてもらうしかありませんが、それでも枚数が少なすぎるのはダメだろうと開発された方は思ったのかも。私もそう思います。

というより、その後に爆弾が揃います……くらいのチョロっとした程度の2種BBを乗せるのも難しいですね。狙って揃えさせるボーナスにしたら、もうちょっとコインを出せよということに。2種BBは、適当打ちで揃えさせられることも可能なので……って、その2種BB入賞目の重みをどうするのか。わかる人には、普通のボーナスが未成立のことが確定する残念目ともなってしまいます。いや、その2種BB消化ゲームでBIGは無理ですが、REGが抽選されることもありますけどね。

などと考えると、どうやっても2種BB搭載型にするデメリットのほうが大きいように思えます。現行の規定の中では、この『B-MAX』が一番頑張ったシステムと言えるかも。BIG中の枚数調整不可能なところで、珍しい告知が出て通常のREGが揃うこともありますが。それもJACインさせるタイプでは抽選しなくてはいけないものでして。これは規定上、仕方ありません。

と、いろいろマイナス的な要素も書きましたが、デメリットのないシステムなんてないのです。いかに面白い部分を際立たせられるか。それを突き詰められた機種は格好良いと思います(プレイヤーにウケるかなどの評価・好みは別でも)。逆に、それができていない機種は、デメリットと思われるようなシステム論を書けなかったりします。単なる愚痴で終わっちゃうと書き手として恥ずかしいですから(笑)。

ふうう。前々回と今回で、ようやく導入前に初めて打った時に感じたシステム的なことを全部書けました。目押しが苦手だからと敬遠する人が多くいて当たり前。もうちょっと、REGがユルければ万人にお勧めできたんですけど。正直、このビタ押しの回数は、私もウンザリします(汗)。

打ち手を選ぶ設計なのも確かですが、そういった方々も……面白い発想を活かすために開発陣が苦労して出てきた機種ということだけでも理解してくだされば幸いです。出目は、もっと苦労したのではないかと予想します。
text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る