コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『クランキーコレクション』vol.19  
 

実戦データ
店舗名 都内某店
換金率 等価交換
遊技ルール
機種名 『クランキーコレクション』
投資 ゲーム数 ボーナス
6K234CB
2K161CB
45青BIG
16青BIG
96赤BIG:鳥
87赤BIG
232CB:チ
12CB
8青BIG
386青BIG:羽
288赤BIG
56CB
123青BIG:羽
260CB
329青BIG
116CB
322CB
49赤BIG
72CB:羽
238青BIG
162赤BIG
80赤BIG
121CB
97青BIG:羽
152ヤメ
総投資額 8000円
総獲得枚数 1251枚
換金額 25000円
収支 13000円

騙されるには条件がある

パチスロで「楽しく騙された」と思わされるのも同じこと。確実に高設定を使っているホールで、一瞬だけでも自分の台が高設定かもと思える挙動を示した時。高設定が入りやすいパターンの台だったのに、微妙な中間設定を入れられていた時。こんなケースが思い浮かびます。

いずれにせよ、どこか身近なところに「正解の台」があるからこそ、騙されても「仕方ないなぁ」と笑えるわけです。ほぼ全台が低設定と思われる営業内容では、高設定確定の演出でも出ない限り、自分の台に期待しすぎることはありません。

もちろん、冒頭に書いた「そういえば、とんと騙されていないな」は、期待できるホール状況でまったく打ててないな……という意味でもありますが、上手い騙し方を知らないホールも多いように感じます。明日はどこだろう?という期待感を持続させるような設定配分でなかったり。

広告規制以降、難しいのもわかります。が、そんなイベント営業に頼りまくる以前は、もっと業界は盛り上がっていたわけで。『大花火』登場以前なんて、万枚なんか稀も稀。今よりも射幸性は低い時代だってありました。

もうちょっと「そのホールに通いたくなるような」工夫をお願いしたいです。ゲーム数狙いに設定1でも機械割100%超えの機種にしか座れなくなっている現状から、私も脱却したいのです。

そんな立ち回りだと、どのホールかとか関係なくなってしまいますね。『B-MAX』とか『クランキーコレクション』を設置してくれているホールには感謝していますが、そのホールのファンとなるには、ほかの機種にも座れると思えるような形でないと。

騙されません!?

相性激悪の『B-MAX』でボコボコにされるのが続いて、またもや『クラコレ』様に避難。貯めたストックをここで放出しているから、『ビーマ』でヒケないような気もしてきましたが(笑)。

この『クラコレ』様、最初の1000円で55Gも回ってくれまして。昨年の今頃なら、まだ高設定かも……と騙されたくなるホールではあったんですが、さすがに今の時分では、おこがましいですな。「設定1なのにベルがいっぱい揃ってラッキー」という気分にしかなりません。

むむむ、クラチャレでの羽根をそれほどヒケないのに、快調に当たってくれます。たまには、設定1でもこういうことが起きてもバチは当たらないでしょう。BIG中の鳥揃いもサクサクっと。いや、これは罠だ。揃ってからの大ハマリは展開的に見飽きているぞ!

などと、頑なに騙されないよう考えていましたが、そもそもが設定1でも機械割100%超えの『クラコレ』様。ほかのホールよりかは少しでも可能性があるならと、ちょっと騙されてもよい気がしてきました。もっとも、騙されて笑えるかは別の話。「今日は設定1なのね」という確認だけとなりますから。
text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る