コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

お盆休み  
 

実戦データ
店舗名
換金率
遊技ルール
機種名
投資 ゲーム数 ボーナス
総投資額
総獲得枚数
換金額
収支

パチスロが忘れてしまった攻略感

ゲームのセオリーを探すのと同じ要領なのに、パチスロはお金が増えることもある。このように感じてデビューした方も多かったことでしょう。実際この頃、遊技人口が急激に増加しました。私も、ほとんどゲームをやっていなかったですね。毎日、パチスロを打つのが楽しくて。

って、ほぼ答えを書いてしまったような。今の状況は、暇あらば打ちたいという感じではないので、ゲームを再開してみたのです。少なくとも、お盆のような状況では打ちたくありません。正確には、同じ考えからゴールデンウィークの時にソフトを購入したのでした(笑)。

ちなみに、買ったのは「実況パワフルブロ野球2013」ですが。自宅のプレステ3にLANケーブルを接続したことがなかったので、動作確認用に何か探していたところ、昔やったことがあるタイトル&安価だったというだけで選んだのですけど。

やってみると「今のパチスロが忘れていること」が多く詰まっていることに気付かされます。強い選手を育成するのにセオリーを模索し、試合での経験点のためにバッティングなどの腕を磨く必要もあります。技術やリール制御の知識を備え、変則押しにもトライする感じ。そうやりながら、ちょっとした運・不運で凄い選手になったり、ならなかったり。

最近のパチスロは、お金が動くマシンとしては優秀でしょうが、ゲームとしては不完全なものに思えてなりません。ちょっとした運でどうにかなります? どうにかなってくれそうな触りやすい機種でも、多くの人が成功体験を得られるような調整ができているとは、お世辞にも言えません。

そりゃ、離脱組も増えますし、新規ファンの獲得も無理でしょう。初心者に勝てるかもと思わせられない調整の中、猛烈に出ている台は押し順ナビに従ってプレイしているだけ、と磨くべき技術など見えにくいのですから。

遊技人口が1000万人を割ったのは、娯楽が多様化したからではありません。多様化した娯楽の影響を受け過ぎて、本質を見失っているからだと私は考えますけどね。

無課金ユーザーをどう見るか?

それにしても、ガチャでロクなものヒカないわ……。オンラインに繋ぐ「実況パワフルブロ野球2013」は、課金すると効率がよくなるゲームでして。そもそもパソコン以外のものにLANケーブルに繋ぐのも初めてだったので、課金の仕方がわからないのですが(笑)。

課金ゲームがビジネスとして成立している背景は、無課金でもプレイできる圧倒的な間口の広さというのがあるでしょう。未来のお客さんという考え方です。

パチンコ・パチスロでは難しいのもわかっています。ホールもメーカーも収益重視が過ぎるばかり、このような「未来のお客さん」を捨て去ることになったのです。某機種は、高稼働なのに利益が取れないから減台して中古で転売しちゃったとか、まったく意味がわからん。勝ったり負けたりのチャラ線で遊べている人たちをどれだけ保てるか。これが遊技人口回復に向けたスタートラインなのでは。

――――――――――――

結局のところゲームで課金はしないまま終わりそうですが、2014年版も買おうと思っているので、未来のお客さんにはなれたのかしらん。こちらは課金要素がないらしいので、さらに楽しみだったりします。

ダイジョーブ博士の失敗とかも含めて一喜一憂するのがパワプロの選手育成。100円の課金アイテムで1ターン前に戻せるのは、ゲーム性を破壊するも同然くらいに感じちゃいまして。なんて言いつつも、タダで貰える分は使ってるでやんす(笑)。
text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る