> > 『テンパイラッシュ』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『テンパイラッシュ』  
text by 佐々木 真
 
機種画像 「最近のパチスロはゲームとしての攻略感が薄れている」と前回書きましたが、この「攻略感」という言葉は、機種だけのことでなかったりします。

台上の回転数だけを見た単なる天井狙いは、攻略というよりも落ち穂拾いという気がしてしまいますけど。「今日はこの機種に設定が入るのでは?」というのも、立派なホールに対する攻略感でしょう。

しかし、設定1が多数を占められる状況でも稼働させるために、メーカーは設定1でも誤爆してくれ、かつ設定推測要素はあっても困難な機種を多く作る傾向となっています。すると当然、設定1だらけとなってしまう悪循環に。広告規制によるイベントの自粛も重なって、正解(高設定台)に座れたという成功体験の減少が、そのままホールに対する攻略感を薄れさせてしまっています。

ホールに対する攻略感が減っている分は、機種の攻略感で補って欲しいなんて思うわけですが。変則押しをした瞬間にブブーと言われて、取りこぼしも1枚や特殊リプレイなので損のないような機種ばかりがリリースされております。もちろん、そういった機種も必要ですよ。でも、そういう機種が主流になり過ぎまして。「パチスロじゃなくてもいいじゃん」なんて思うことも少なくありません。

パチスロならではという機種の攻略感。多くの人は『B-MAX』や『うみねこのなく頃に』を思い起こすことでしょう。もちろん、広義にはこれらも含まれます。が、必ずしも「攻略感=コインの損得」だけとは限らないのでは。損してまで……とは言いませんよ。でも、損をしないなら楽しむために目押しするのだってアリじゃないですかね。

今回打ってきた『テンパイラッシュ』は、まさにそんな機種。そうです。前回からの攻略感というテーマは前フリだったのです。後から慌てて打ちに行ったのは内緒ですけど(笑)。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る