コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『テンパイラッシュ』  
 

実戦データ
店舗名 某店
換金率 等価交換
遊技ルール
機種名 テンパイラッシュ
投資 ゲーム数 ボーナス
10K372BIG
25CB
76CB
166BIG
3K438BIG
80BIG
362BIG
3K338BIG
12BIG
28BIG
166CB
233ヤメ
総投資額 16000円
総獲得枚数 308枚
換金額 6000円
収支 -10000円

個人的な楽しみ調整も立派な攻略でしょ!

導入が少ない機種なので、ざっくりと解説しますと。ボーナス主体タイプで、ボーナス成立後はリプレイ確率が大幅にアップ。左→中と押した場合、リプレイ成立時は必ず赤7がテンパイするので、赤7のテンパイが続くほど期待感が増えていく……そんなゲーム性となっています。

目押しをしなければ赤7がテンパイしないのでは、ゲーム性が台なしとなってしまうので、適当打ちでもロスは発生しません。これだけ聞くと、初心者向きとだけ思うかもしれませんが、純粋なパチスロ好きにとってかなりの攻略感を得られる機種だったりもするのです。

醍醐味は、やはりリプレイの連続となりますが、ボーナス非成立時でも1/7.3で抽選するので、単発リプレイでガッカリする回数が多くなります。勝負はリプレイ2連後……と割り切るのが、正しい心構えなのかもしれません。しかし、リプレイ1発で2回目に赤7がテンパイしてのリプレイハズレで告知されることも普通にあるので、リプレイ1発でも期待してしまうことでしょう。それが人間の欲というもの。

この心の動きをどう料理するのか。打ち方を模索して「より自分が楽しめるように」カスタマイズできるのも、パチスロだからこその魅力ではないでしょうか。

順押しだと、2リールでボーナス絶望となってしまいますが、これを3リール目まで引き延ばしたい人は、中押し適当打ち。中段赤7停止でリプレイ or チェリー or ボーナスのチャンス継続目。上下段の赤7停止も、スベリコマ数を正確に見ていなければボーナスの可能性は残されます。ちゃんと狙って1リール激アツ目を拝みたい人は、逆押し赤7狙いで。赤7中段停止でボーナス or スイカとなります。

リプレイが2連から中押しで4連目以降は逆押しにするとか、自分の好みに応じて打ち方を変えてみたりして。これぞ回胴式遊技機だからこそ味わえる遊技としての攻略感なのです。もっとも、ほとんど得しないですけどね。なので「純粋なパチスロ好きにとって」と注釈を付けたのでした。

自分で楽しみを作れない機種が多すぎる

押し順も制限されて押し位置も制限されて、レア小役の後に演出展開を見守る。コインを出すにも押し順ナビに従うのみ。そんな決められたレールの上だけでカタが付いてしまう機種が多すぎます。それを好む客層に、今の業界が支えられているのも理解していますが、敢えて言わせてくださいませ。

万人から素晴らしいと評価される機種なんて、実に少ないですよね。普通に打つと微妙だけど、こう打ってみたら楽しくなった。今の主流となっているシステムには、そうやって補える要素が少なすぎるのです。

もちろん、ボーナス主体というだけでダメという人もいることでしょうし、その好みも尊重します。しかし、「似たようなレールの機種」一辺倒となっている現状は、遊技人口の減少を加速させる一因にもなっています。まったくバラエティに富んでいない機種構成なのですから。

そう言いたくなるくらい『テンパイラッシュ』の導入は少ないです。初心者でもシンプルにアツくなれるゲーム性というだけでなく、リールを堪能したい超上級者は、赤7のテンパイ待ちという基本レールにしっくりこなくても楽しめるかもしれない打ち方があるのに。現状を考えれば、シマで導入とかは考えにくい機種ですけどね。どの街でも、ちょっと探せば打てるくらいの設置はあっていいじゃないの。

『キンバリー』や『ラクラクビスカス』も、マニアも楽しめる初心者向きの機種でした。この路線でも頑張っているパイオニアさんには、最大級の賛辞を贈りたいです。ほんとは、こういう機種で優良店を発掘したいところですけどね……。設置がなさ過ぎて、なかなかこのコラムでも書けていないのが無念でなりません。

――――――――――

もちろん、打ってみてダメと感じたところもありますよ。ボーナス中の毎ゲームできるビタ押しの設定推測は要らないですわ。パイオニアさんの機種の傾向からそんなアテにならなさそうとは思いますが、「できないから打てない」と考えさせてしまう原因になってしまうような気が。ハイビスカス系くらいの設定推測要素でよかったと思います。ええ。
text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る