コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『クランキーコレクション』vol.21  
 

実戦データ
店舗名 某店
換金率 47枚式等価交換
遊技ルール
機種名 クランキーコレクション
投資 ゲーム数 ボーナス
1K16青BIG
192CB
52青BIG
267CB:羽
1K182青BIG
121赤BIG:鳥
63赤BIG:鳥
173青BIG:鳥
42CB
55CB:チェ
397CB
159青BIG:羽
200ヤメ
総投資額 2000円
総獲得枚数 384枚
換金額 8000円
収支 6000円

目押しが衰える!?

43歳手前にしての老眼ということで、若干ショックだったのですが。調べてみたら、ライフスタイルの変化により目を酷使しているからか、最近は30代での自覚症状も珍しくないとのこと。ちょっとだけ、ホッとしました。安心したところで、視力が回復するわけではありませんけど。

私の場合だと、パソコンの前とパチスロ機の前にいる時間が極端に長いです。また、移動中など携帯電話で原稿の下書きまでしていますからねえ。どれもが、長時間にわたって同じ位置にある液晶モニターを見ることになっていて、目には悪い影響しかないのは自覚していました。

ここからくる疲れ目に対するケアも完全に遅れまして。これこそが、若さゆえの過ち。ライター業を始めて15年弱。ちょっと酷使しすぎました。ワサビさんもまだ裸眼みたいですが、そろそろブルーライトカットの眼鏡をかけましょう(笑)。

なんて、目の話になると、読者の方々は目押しへの影響を聞きたくなることでしょう。それに関しては……まだ自覚症状が出ていません。いや、よほどの疲れ目の時は、絵柄がボヤけて見えますよ。でも、大昔のリールが細くて絵柄も小さい機種をビタ押しし続けるとかでなければ、それほど変わらない気がしています。5号機だったら、あまり変わらないかも。

ということで、パソコン画面では表示されるサブタイトルの「3連続で……」はCB中の目押しミスではありません。普通に1回ずつくらいはミスりますけど。って、そもそも私の目押し精度なんてそんなものです(笑)。

機種を調べる時は、失敗したことがわかれば十分。ズレて押した時のサンプルが得られます。普通に打つ場合でも、自分の目押し精度(その日の体調にもよる)で、見やすい押し位置や「ベストでなくてもベターな手順」を模索できればいいのです。目押しを微妙に失敗した時の停止形だって、一期一会ですよ。楽しまなきゃ損、損。

3連続でアレが

液晶の見すぎで目が疲れている……わけではないですが、まったりと『クラコレ』様。またかよ、と思われている自覚はあるので、2カ月は避けていました。なので、許してくださいませ(汗)。

そんな感じで長く楽しませてもらっている『クラコレ』様ですが、初めての現象と言いますか。3連続で鳥揃い当選という珍しいことがおきまして。1日に3回引くのも、終日実戦でない限り難しいと思うんですが、サクサクサクッと出てきてくれまして。久々に計算してみたくなったのです。

当選したボーナスが、3回以上連続で鳥揃いとの同時となるのは0.024%。「いいとこ取り」ですが、わずか236Gで3回以上の鳥揃いは0.010%(いずれも、設定1で計算)。

これくらいのミラクルが起こったなら、3000枚くらい出ても罰は当たらない……そう考えてしまうのは「ないものねだり」ですな。AT機に座った時に、この薄いヒキと巡り会える保証はまったくないのです。

ま、同じ確率のプレミアム役を持った後継機を打って、期待値がショボくなってしまうと愚痴を言いたくもなりますけど。新基準機は、そんな愚痴を言わせない確率調整もお願いしたいですね。
text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る