コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『パチスロ大海物語with T-ARA』  
 

実戦データ
店舗名 某店某所
換金率 等価交換
遊技ルール
機種名 パチスロ大海物語with T-ARA ほか
投資 ゲーム数 ボーナス
【スロ大海】
15000445ヤメ
【スロ大海】
3000965揃い:虹保留
19揃い:虹保留
17揃い
63揃い
24揃い
3000379)341揃い
3802揃い
1000874揃い:弱チャンス目
110003318揃い昇格:弱チャンス目
45揃い
33揃い
24揃い
67揃い
29揃い
54揃い
10ヤメ
【アイムジャグラーAPEX】
284REG
208REG
143BIG
48REG
112ヤメ
総投資額 33000円
総獲得枚数 260枚
換金額 5000円
収支 -28000円

通り過ぎるだけの機種たち

そう考えると、世界はこう広いもんですから日本人としての一生を終えるまでに1度も足を踏み入れることのない国、見ることのない歴史建造物がほとんどだということに気が付いた時、非常に残念な気持ちになりますよね。どんな方だってさまざまな国を見て回りたいという気持ちは、心の片隅に少しくらい持ち合わせているはず。お金の心配をせずに誰でも世界中を飛び回れるような世の中になってくれればと思いますが、まぁそれは無理な話ですわな。私も国内であれば割と仕事でいろいろなところに行けている方だとは思いますが、海外を飛び回る仕事をなさっている方たちを少し羨ましく思います(それはそれで気苦労も多いのだと思いますが)。

そういえばパチスロも、いざ自分から意を決して踏み込まないと1度たりともリールを回さずに終わってしまうようなものも多いですよね。特に世間的に圧倒的支持を得ている機種が絶好調に稼働している時期や、一時の私のB-MAXのようにもうそこにしか目が行っていない時期などはちょっとマイナー系の機種だと座ることすらないまま入れ替えられてしまうことも少なくなかったりします。特にゲーム数狙いができない機種だとなおさらですね。打つ理由がなかなか見当たりませんから……ね。……と、パチスロでさまざまな見知らぬ台を打つことが海外旅行のようになかなか叶わないのも、やはりお金が問題になってきたりするんですなぁ。


いいよ、大海

今回打った『パチスロ大海物語 With T-ARA』も、そんな機種のひとつ。ショールームで打った時の感触がよく、ホールに入ったら打ち込みたい機種のひとつでしたが、残念ながらシマ単位で導入して設定を使ってくれるような店はほぼなく……そのゲーム性からゲーム数狙いができるような機種でもないために触る機会がないまま終わるのではないかと危惧していた機種であります。

確変を再現するためのAT疑似ボーナス機で、単発なら基本100枚。確変によって連チャンすればその100枚×連チャン回数が獲得枚数。単発と確変の比率は大体半々で、初当たり時もリプレイとハズレがメインの抽選となっているのに加えて、通常時の目押しが一切いらないので誰でも簡単に楽しむことができる機種です。
ただ注意しなければならないのは、初当たり確率に約1/240〜1/144……と、恐ろしいまでの差がついているということ。これすなわち低設定ならば確実に殺される仕様ゆえ、ホール状況もある程度注意して打たなければならないため、決して触りやすい機種ではなかったのでした。

今回打ったホールはお客さんが比較的年配の方が多く、『ジャグラー』がメインで稼働しているという特徴が見て取れるところだったので、この『大海』にもある程度の「優しさ」があるんじゃないかと踏んでの実戦だったわけですが、まぁ……そう簡単にもいきませんなぁ。『ジャグ系』はとことんよい台がふんだんにあったので状況としてはむしろ「すごくよい」状況だったのですが、それでもやはり2台設置では……まぁそうは甘くないというのが現実でした。

ですがですが、やっぱりこの機種……面白い。300ゲームくらい回してリーチが2回くらいしかかからないこと、発展すらしないこともザラでしたが、おそらくパチンコ打ちの方に言わせれば「それが『海 』」なんでしょうし、リーチに発展するまでの疑似連(言い方がわからないが予兆的なもの)のパターンによってひっそりとアツくなれるのがイイ。『マイジャグ』でも打っている気分です。確変による出玉性能もなかなかで、これがまぁ50%以外もそこそこ選択するじゃないかっていうくらい確変が続くときは続いてくれるもので、5連以上の大きめな連チャンをそこそこ見かけたので適度に夢も持てますしね。

ただまぁシンドいのは、100枚系の台ではあってもやはりAT機だということ。1000円で30回転しかしませんから、何事もなく300ゲーム以上ハマった場合に、人によっては「10000円使ってアツい瞬間なにもなし!?」と納得がいかない感覚になることもあるのではないかと。あとは確変中。5ゲーム程度とはいえコインが減るのは少々いただけない。あそこも押し順は出してほしかったかな。

でもそれにしてもパチスロの『海』シリーズは過去にもいろいろなメーカーが手掛けてますがハズレが少ないですね。前作のノーマルタイプの海とか、メチャクチャ面白かったですし。あの台こそ新台が少なくなってきている今みたいな時期に、シマで入れたらなかなかの客付きが生まれるんじゃないかと思いますけどね。もちろんこの『AT海』と同じくある程度の設定を入れるのが条件ですが……ね。


text by ワサビ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る