コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『サンダーVスペシャル』  
 

実戦データ
店舗名 某店某所
換金率 某枚交換
遊技ルール
機種名 サンダーVスペシャル
投資 ゲーム数 ボーナス
100015赤BIG:スイカ
2000246赤BIG:?
84赤BIG
30VBIG
351VBIG:特殊14枚
10赤BIG:?
279MB
3MB
211VBIG
172赤BIG
38赤BIG
206VBIG
109赤BIG :?
336ヤメ
総投資額 3000円
総獲得枚数 1390枚
換金額
収支 差枚数 1240枚

今後を見据えて古いノーマルを打ってみる

先日、私としては久々にこの777@niftyの会議に参加させていただきまして、毎年恒例となっているMVPやMIPを決める座談会でお酒をいただきました。今年から777@niftyを支えてくださる新しい面子も増えて実ににぎやかな会議となっていましたね〜。毎月スケジュールが合わなくてなかなか参加できないですが……これからもよろしくお願いいたします。

さて、そんな中で規制が入った後のこれからのパチスロについての話が、やはり当たり前のように議題になりましたが、どうなることでしょうね。私個人としての安直な考えと希望的観測からすれば、RT機やノーマルタイプが増えてくれれば……なんて思ってはいますが、まぁ世の中の流れとメーカーの損得勘定込みだと簡単にそうはならないでしょうね。ですが実際のところはきっと、そのくらいの思い切った決断がない限りはこのパチスロ業界という世界が、もう1度陽の目を見ることはないと思っていますが、さて……どうなることでしょうか。

今回打ってきたサンダーVスペシャル。某企画で打ってきたデータで使わなかったもののひとつですが、いやはや、久々に打ってみたら時代を超えて面白かった。今後、こんなのばかりになっても私的には全然苦になりません。むしろAT・ARTに疲れたからノーマルタイプがメインになっている……って方たちも今の時代は多いと思いますから、そういう方々の中にはジャグラーやハナハナに飽きたというケースも多いでしょう。今でもまだパチスロに触れてくれているこういった層の方々のためにも、まずはノーマルタイプを増やし、すそ野を広げていくことが今後の課題となるのではないでしょうか。 5号機初期はこういったノーマル機ばかりでしたね……意外といい時代だったように今思い返せば感じます。こういった機種も、もし皆様の周りで見つけたらもう1度打ってみてくださいよ。きっと少しは「あ、こういう機種が増えてくれたらな……」って、心のどこかで思うはずですから。
あ、ただしこの時代の機種を打つならノーマルタイプ限定がイイと思います。ART機などを打つと液晶のショボさばかりが目立ち、逆に面白くないと感じるばかりでしょうからね。2027とかなんて、あの頃はあれほど面白いと思っていたにもかかわらず今打つとホントにアクビが出ますよ、いやマジで。あれだけ興奮していた赤7揃いも、今じゃ「こんなん引いて当たり前じゃん」くらいのフラグですしね。だから、ノーマル限定で……です。



若い子に目押しさせろって話

そうそう、このサンダーVスペシャルのBIG中の話なんですが、メインの15枚払い出しの役が揃うときに左リールに3連Vをビタ押しすると3連Vが停止して払い出しを受けることができるんですよ。で、その3連Vなんですが……いやこれがですね、狙えど狙えど止まらないんですよ。たぶん……これはたぶんなのですが、フラグの種類の関係上、きちんと狙えていれば毎回のように停止するんじゃないかと思っています。しかし、ビタ押しの難度が高いのか、ホント止まってくれない。3連Vが停止するための余裕コマ数はおそらく「1コマの1/5程度」しかないと思っているのですが果たして……。
まぁできなければ損をするようなポイントでもないんで気にする必要などないのですが、もう毎BIG気になっちゃって気になっちゃって……でも途中からスゲーめんどくさく感じて……の繰り返し。結局のところどうだったんでしたっけね、佐々木さん(笑)。

まぁここまで難しいものにしてほしいとは言わないですが、やっぱり「ビタ押し」なり「2コマ目押し」くらいの技術介入によって打ち手に得をさせるような台ってのも、今後は必要になってくると思うんですよね。よくこういう話をすると、私の周りはベテランも多いですから、たいていそういう方々からは「昔はできたし楽しかったけど今はビタ押しとかめんどくさいし……」という言葉が出てきます。が、はっきり言ってそういう言葉は「無視」でいいと思います。歳を重ねていくにつれて面倒になってくるのはわかります。でもそれは単純に、ホント単純にもう歳なわけで、そういった方が完全告知やATなどに向かうのは自然な流れ。そういう層でそのシマが成立していればいいわけですから、それはそれで問題ない。冷たい言い方に聞こえるかもしれませんが、「別に打たなくていいですよ」ってわけです。
今必要となるのは「若いプレイヤー」です。今のパチスロ界で1番打ち手の減少率が高いのは若年層。こういったお金のない世代に、どれだけ「パチスロって勝てるんだ」と思わせることが、今後のパチスロ界に必要なことだと思います。だからこそ、技術介入によってラクに勝てる気になりそうな機種の登場ってのが重要だと思うんですよね。その打ち手の目押し力の向上だったりそういった機種のシェア率拡大だったり、時間こそかかると思いますが、パチスロを盛り返したければもうこれしかない。失われたものを復活させるには、それ相応の時間がかかるのは当たり前。1度まっさらな状態にして、そこから立て直していくしかない。本当にそう思います。


text by ワサビ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る