コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『ハッピージャグラーII』  
 

実戦データ
店舗名 某店
換金率 等価交換
遊技ルール
機種名 ハッピージャグラーII
投資 ゲーム数 ボーナス
1K4CB
28CB
2K203CB
3K167BIG:チェ
37BIG
361CB
64BIG:チェ
41BIG
19BIG
6CB
468BIG:チェ
106BIG:チェ
107BIG
185CB
43BIG
207BIG:チェ
53CB
31CB
177BIG
68BIG
117BIG
257CB
120ヤメ
総投資額 6000円
総獲得枚数 1059枚
換金額 21000円
収支 15000円

初代との違い

2種類あるチェリーが、それぞれ単独(逆側を狙うと揃わない)で成立すればボーナス確定。これが増えた以外は変わらない……そうメーカーの方に言われたのが最初でした。しかし、順押しで打ってみると猛烈な違和感がありました。

順押しで全役をフォローするには、左リール上段に13番のBARを1コマで押すことになります。ほらソコ、毎ゲーム目押し続けるなんて面倒臭いとか言わない。うっかり適当に打った時に取りこぼし役が成立していたら……という恐怖(そんなに被害はないですけど)。そして、ちゃんと押していた時にベルやピエロが揃ってくれた時に「得をした」と感じられるのがこの台の醍醐味なのです。最近の技術介入は、できることが前提とされているので「損をしない」という感覚ですが、ジャグ系のベル・ピエロ奪取は狙わない方が大多数なので、そういう風に思えますな。

で、その上段に13番のBAR狙い手順。ここで感じた違和感というのが、ボーナス成立時の停止形です。同じリール配列で同じ人間の目押しなのに、初代と2代目では停止形が違うのです。初代は上段BARからハサミ打ちのベルテンパイハズレ(右赤7停止のみNG)が多く出ていました。ところが、2代目は左中段BARからの小役ハズレがメインに。

初代も、微妙な押し位置違いで中段BARから告知されることもありましたが、2代目は圧倒的にここからばかりなのです。左リールを1コマ早く押すと上段BARからになるのかな。同じ1コマ内でも、ジャストで押すかふんわり押すかによって違うのかもしれませんが。大事なことなので、もう1回書きます。同じ人間の目押しなのに、結果が異なるのです。リール制御が微妙に変わったとしか思えません。

個人的な好みから言えば、初代のリール制御のほうが好きです。自分の微妙な目押しのズレにより、上段BARからも中段BARからも光る可能性があるから。でも、2代目は2代目で面白いじゃないの。特に、1コマ目押しはソコソコ(60〜80%くらい)できる方が押すとかなり楽しめそう!

目押しミスもゲーム性の1つ

コレをココに押してこうなったら……という、通り一遍の解説で終わってしまう機種って深みがないのですよ。もちろん、手順解説などでは正確に押せることを前提にしないと話が進みませんけど(笑)。

それでも、上段BARからも中段BARからもボーナスの可能性があるとしか書けない絶妙な感じなのです。「ココから光ったら目押しミス」なんて解析を見れば言えますけど。その解析だって、上段にBARをジャストで押したのか、枠上から上段に落ちている時に押したのか。その大前提は明示されません。機械がすべてではないのです。人間が操るから、その完全ではないブレの部分を楽しめるのです。

1コマ目押しはソコソコ(60〜80%くらい)できる方にお勧めしたい理由こそ、このブレがあるから。取りこぼすリスクも、まあ大丈夫。ベル・ピエロは取らないのが当たり前ですし、チェリー確率も1/50くらいとほかのジャグ系より低いですから(笑)。

とはいえ、チェリーだけは取りこぼしたくないと考えてしまうのが、ジャグ打ちの宿命。この打ち方だと、チェリーを4コマスベらせる形となるので、どうしても「遅め」を心がけてしまいます。すると……中段BARはハズレでも停止してしまうのです。

いいのよ、ミスっても。ただし、1つだけ気にして欲しいことがあるのです。それは、中段にBARが停止した瞬間に「ハズレなのか小役なのか」考えること。これが的確にわかるようになれば、1コマの押し位置の違い、スベリを見抜けることになります。見抜けると目押し精度の上昇にも繋がりますよ。若干、遅く(or 早く)押したからとわかれば、タイミングの修正もできるようになるでしょう。

ま、正確に押しすぎると、同じ位置から似た形で光るばかりになってしまうのですけれどもね。その形に飽きてきた時は、中押し手順もありますし、順押しのほかの位置を探ってみるのもアリかもしれませんね。

ということで、結論をば。初代は、ある程度正確に押している方も、複数の停止形から光るのがグッドなところ。2代目は「自分の目押しミスというブレ」を感じ取りながら楽しめるところがグッド。

私も、今日は『ビーマックス』押せね〜……なんて日に、2代目を探そうかと思います(笑)。
text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る