コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『クランキーコレクション』vol.23  
 

実戦データ
店舗名 某店
換金率 等価交換
遊技ルール
機種名 クランキーコレクション
投資 ゲーム数 ボーナス
8K239CB
7K362青BIG:羽
68青BIG
126CB:羽
83CB
49CB
3K472赤BIG
76CB:羽
92CB:羽
243CB
6K288赤BIG
68赤BIG
72CB:羽
250CB
288ヤメ
総投資額 24000円
総獲得枚数 0枚
換金額 0円
収支 -24000円

のめりこんだ方々が求める機種

今回の一連の規制ですが、私がお話しさせていただいた多くのライターさんは、おおむね高く評価しているんです。そう、パチスロライターになるくらい「のめりこんだ方々」が喜んでいるのです(笑)。

そもそも、なんでパチスロライターになるくらいのめりこんだかというと、長時間遊技しなければそれなりの結果が出ない射幸性の低い時代を経験しているからが大きいかと。金銭的なことはさておくと、長時間打って理解度が増していく喜びで充実感も満たされていたのが大きいかと。射幸性が低い機種だらけの現状になって構わないとは思っていませんよ。ただ、その時にどれだけ遊技人口が増えていったか。もう1回そうなるためには、今のままじゃダメだという危機感を皆が抱えていたのです。

それはホールもそう。稼働率を上げなければ、利益を確保できなくなります。より多くのホールに長く打てる設定が入りやすくなるんですね。朝から激混みとなるような繁盛店だけでなく、どのホールでも遊べる設定を掴みやすくなる……ようにならないとマズいわけですが。

すでに、稼働重視へと意識が変化しているホールさんも増えてきているのは事実。『サラ番』とかの設置を抱えているホールは、稼働させる意地を見せてくれているところもありますし。ただ、それは『サラ番』だからと片付けられてしまうほど、それ以外の設置機種がいかんせんダメなことも多いんですね。よほど当たり続けない限り、丸1日打てない短時間勝負の客層向けとなる機種ばかりなんですから。

これは、メーカーも意図して作っていたと思います。10年とまでは言いませんが、3年後にも稼働を保てるレベルでは作っていない機種が多いですもん。

新たな発見ばかりでなくて構わないのです。同じことの繰り返しでも飽きない緻密な作り込みのある機種が多く登場し、それらを長期稼働させるような営業形態にする。私が望む「のめりこめる環境」がコレ。おそらく、多くのライターさんもこれを望んでいるのでは……と。

お上が言うギャンブル依存症に関連する方向とは違うのめりこみですが、それすら禁止されてしまうとどうにもなりませんが(笑)。

ボケっと考えごとをしながら

ま、しかし。最近は相性のよかった『クラコレ』様ですが、アマいとはいえ当たらないとキツいですな。というか、大半の実戦が接戦の勝ちか、あくまでも『クラコレ』様レベルの金額ですが惨敗ばかりとなってしまいます(笑)。

こういう時に何を考えているかというと……

そろそろ間違いで当たってくれてもいいんじゃない?
さっきのクラチャレ50%スカはハマリのサイン?

なんてことも考えますが、ほとんどが「無」というか、ほかのことを考えています。ホール状況やら、ここまでに書いた「のめりこみ」のことだったりと、パチスロ関連のことが多くなってしまうのは当然ですけど。

人間は寝ている最中に、脳内で記憶などを整理するといいますが、それに近いのかもしれません。パチスロの考えを整理する時は設定1でも安心の立ち回り不要。で、リール制御もほぼ完全に把握している機種に座ることが多いです。

こういうのはのめりこみでなく、なんと表現したらいいのかだけ、未だにわからないんですけどね。
text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る