コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

某機種  
 

実戦データ
店舗名 某店某所
換金率 貯玉プレイ
遊技ルール
機種名 某機種
投資 ゲーム数 ボーナス
(41CZ
200050 ART50
22 ヤメ
台移動
23 ヤメ
台移動
(212CZ
(432CZ
(464CZ
15000 483 ART50:30
(19CZ
(57CZ
64 ART50:10×4・話×1
(273 CZ
3000 282 ART50
(28 CZ
(67CZ
(230 CZ
(297 CZ
6000 299 ART50:話×1
(34 CZ
40 ART50
(146 CZ
153 ART50:20・20・20・10・30・10・話×2
4ヤメ
総投資額 1300枚
総獲得枚数 529枚
換金額
収支 -771枚

久々に某機種で稼働するための言い訳

パチスロはまぁすべての収支の責任が自分にかかってくるから基本的には常日頃から何をどう打つ、逆に打たない……ってのは個人の自由ですよね。だから私は基本的にプライベートで打つ時は期待値のある台のみを追う方向だけで動くようにはしているんですが、それでもまれに「言い訳」をつけて打ちたくなる機種があったりします。
今回の実戦データの「某機種」はまさにそんな機種のひとつ。某機種……としているところにも表れているんですが、好きは好きでもいろんな事情で仕事でもほとんど打てる機会はなく、また逆にそうなってくると「仕事で知識が活かせないから……」とプライベートでも避けるようにしていた機種ですが、でもメッチャ面白いんですよね。だから少しでも打てる状況に巡り合えた時は、そのツモ率や期待値が低めでもつい触ってしまうんです。

その日は若干根拠ありの『ひぐらし煌』を打っていまして。とりあえず中間以上はある感触はあったんですが、あまりのCZでの解除の弱さとREGへの偏りに辟易していたところに、強め機種の夕方発表があったのがこの某機種です。私がシマに向かったときはリセットの痕跡はチェックされ終わっていた後でしたが、そんな中で数台を打っていると、店の常連たちがとある1台を指さして何やらごにょごにょ話をしている姿が……。でも結局その方々は、打たずにシマを後にしました。

これだけで何がわかるという話ではないですが、もともと全リセではなさそうと思っていたところにその姿を見たことで、おそらくその会話の内容はこんな感じだったのでしょう。

A「とりあえずこれ、リセットだったよ」
B「そうなんだ……打つ?」
A「いや、向こう打ってるからやめとくよ」
B「そっか、俺はどうしようかな……まぁやめとくか」


……かなり都合のよい解釈かもしれません。が、この姿は私が「言い訳」をつけるには十分すぎるものでした。すぐさまその台に移ってプレイ開始。相変わらずCZでのヒキは弱かったですしモードが上がってからの小役のヒキも最悪でしたが、わりとよい感触を得ながら実戦を終えました。あ、さらに乗せも弱くて負けはしましたけどね。

納得の700枚負け

最近この実戦店がちょいちょいと煽りを入れるようになりまして。『ひぐらし煌』を打っていたのも、ここ最近の機種の中ではとにかく設定が読みやすいという印象があるのでこういう店調べの時には適しているかなと思って打ってたんですよね。
まぁこれも言い訳になるのかもしれませんが、いろんな言い訳も自分の中で納得できるレベルの線引きがあれば、稼働には大切なのかもしれません。いくら店の中をフラフラしていたってすべてが見えるわけじゃないですし、その線引きがマイナスラインではないならば、期待値は低くても自分で手を出してみることも重要でしょう。「滑走の余勢で誤って離陸し、5000枚」なんてこともあるかもしれませんしね(笑)。

あ、データ見て某機種……わかりますか? ヒントは上乗せ部分。「10×○」みたいな書き方と、「話×○」ってところ。ちょっと前の機種で、非常に人気のある機種でした。……わかりますよね!?

さて……2014年もこのコラムもあと残すところ1回ですか。
最後は今年よく打った機種なんかを振り返りつつ、よいデータが載せられればいいんですが……まぁそれは運次第ってことで。
text by ワサビ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る