コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『ハッピージャグラーII』  
 

実戦データ
店舗名 某店
換金率 等価交換
遊技ルール
機種名 ハッピージャグラーII
投資 ゲーム数 ボーナス
総投資額 約10000円
総獲得枚数 約500枚?
換金額 約10000円
収支 プラマイゼロ近辺

頑張れ地元のホール

1万人に対してホール1軒弱が、多いのか少ないのかはわかりません。ただ、あればいいってもんじゃありません。私の自宅の徒歩圏内には何軒もホールがありますが、レア台をチョロっと触るのを除けば1年近くコインサンドのお世話になっていないでしょうか。

今回、事情により実戦データはないのですが(すみません)、新年の初打ちも遠出することとなりました。「いいホールを探しましょう」……今も昔も、メディアに携わる方は必ず言う言葉ですけれども。私は、すっかり書かなくなりましたが(笑)。

いや、本当に難しい。手間もかかるし、いい状況が長く続かなくなってきています。この難しさが、遊技人口の減少を招いているのかな。やっぱり、気軽に歩いて行ける範囲に打てるホールがあるかどうかが、重要だと思うのです。

負けてショボンとしながらの帰り道。電車を乗り継いで時間をかけて。こんなことが続くと、次に行こうという気が減ってしまいます。ちょっと打ちたいな。それを近場で手軽に打てるのが理想でしょう。

何を設置しているのかは、二の次なのかもしれません。近場にあるソコソコのホールに何が置いてあるかが重要。もちろん、設置機種の中から好みのものを選びますけどね。そんな巡り合わせもあって、初代『花火』も初打ちまでは数カ月かかったかと。

なんて、近場のホールに頑張ってもらいたくなったのは、遠出をして大変なことになってしまったからです(汗)。

体調の悪い時は打つべからず

厳密には「勝負・稼働」という遠征ではなかったのですけれども。友人と連れスロをしに行ったのですが、打っている途中で、体調を崩してしまいまして。近くの友人宅で休ませてもらったのです。

いや、パチスロの時給計算をする際に、往復の時間と並び時間、そして交通費も考慮するタイプですが、遠出先で具合が悪くなるリスクはあまり考えていませんでした。いや〜朝から、ちょっとダルいとは思ったのですが。ちゃんと熱とかを計って考えるべきだった。

で、さらに、間隙を突いて帰宅はしたのですが、その友人宅に携帯電話を忘れてくる始末。何が恐ろしいって、お互いに携帯の番号とメールしか登録していないもんで、連絡の取りようもなく。携帯電話時代も長くなっているのに、このリスクにも気付いていませんでした(汗)。

そんなこんな。最悪な初打ちとなってしまいましたが。財布を確認してみたところ、プラマイゼロくらいだった模様です。電車賃と朝食代くらいしか減ってない。ま、どうでもいいんですけど。

しかし、友人にはお世話になりっぱなしでしたわ。来年、出雲大社に行ったら絵馬を奉納することにしよう。「友人にドSな彼女ができますように」
text by 佐々木 真


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る