コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『沖ドキ!』  
text by 佐々木 真
 
機種画像 今や、どこの地域に行っても同じようなラインナップとなってしまっていますが、30φだけは設置の多い地域と少ない地域が分かれていますね。4号機が撤去されて完全5号機時代となった頃、もうちょっと30φの設置店が増えると思っていました。

同じ機械割だとしても、ベース分に機械割が割かれる分だけ(負け額が減る分だけ)差玉も減少することになります。視覚的に埋め合わせるには、デカコインを採用するのもひとつの方法だと思っていたからです。

下皿がすぐに一杯になるので、ドル箱を使う頻度も増えます。同じ枚数でもドル箱の数が増えます。見せ玉のアピールを効率的にできるますよね。ところが、なかなか設置店は伸びず。小さめのドル箱を使用することにより、積んでいるドル箱の数を増やそうとしたホールばかりとなってしまいました。

確かに、30φ用のジェットカウンターなど、設備投資にもお金がかかります。4号機時代よりも売上が下がったのは事実ですし、やってみたいけどできないホールさんも多かったのでしょうな。

そのまま時が過ぎ……東京は30φの設置点が少ないままなのです。当たり前のようにある地域の方々が羨ましい。『ハナハナ』系でカタくつのも『沖ドキ!』で連チャンを夢見るのもできるのですから。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る