コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

打たずに帰る  
text by 佐々木 真
 
目玉といえる新機種の導入がなかった昨年末。予想よりはホールにお客さんがいるなどとも言われていましたが、経済産業省が発表する特定サービス産業動態統計速報によれば、売上は前年度比で11.9%減少したとのこと。もちろん、パチンコとパチスロの両方が合わさった数字ですけどね。

この厳しい数字だけを見ると、やはりパチスロは新装という起爆剤がなかったから……と分析する方も出てくることでしょう。ということで気になるのが、その数値。ちなみに、12月まではこのようになっています。

1月:+1.2%
2月:-3.0%
3月:+0.5%
4月:-1.4%
5月:+0.3%
6月:-6.6%
7月:-10.1%
8月:-4.7%
9月:-7.0%
10月:-7.5%
11月:-4.2%
12月:-11.9%

5月までは前年とほぼ同じ水準でしたが、6月以降に落ち込みが大きくなっています。もちろん、その時はAT機規制(型式試験の変更)という話も出ていませんでしたし、例年通りに新台も導入されていました。もちろん、パチスロだけのことではないので一概には言えないと思いますが。うむ……6月に何があったのだろう?

逆に、5月までは何があったから大丈夫だったのだろう?




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る