コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

スロゲーセン  
 

実戦データ
店舗名 某所某ゲーセン
換金率
遊技ルール
機種名 ウルトラマン倶楽部・ビーマックス・イプシロン
投資 ゲーム数 ボーナス
ウルトラマン倶楽部3
100036
88
134
69
30
6
52
98
17
5
45
120 ヤメ
ビーマックス
2 BIG
204 BIG
8 BIG
228 REG
91 ヤメ
イプシロン
101 REG
148 BIG
428 BIG
54 BIG
50 BIG
54 REG
50 ヤメ
総投資額 1000円
総獲得枚数 0枚
換金額
収支

ギャンブルアレルギー

アレルギーといえばAT機。ここんところ、もうAT機に対してアレルギー反応が出ているんじゃないかと思うくらい「触りたくない病」がまた再発しかけています。ホント、『ハナハナ』と『ジャグラー』だけあれば俺というものが成り立ちますから近寄らないでください……って思うくらい。
蒲田にできたと噂のノーマルタイプ専門店に一刻も早く逃げ出したい気分ですが、まぁそれをしてしまうと本当に末期っぽくなりそうなのでこらえているところです(笑)。

まぁ若干大袈裟ですが、そんな感じでよほど琴線(きんせん)に触れた機種でもないと仕様を知ろうともしたくないくらい興味がなくなってきてますね、最近。単に老化のような気もしますが、一般の方もこんな感じでパチスロから離れていっているんじゃないかなと思うんですよね。
基本的にギャンブルというものは単純なもののほうがよいわけで、今のパチスロはギャンブルというよりはゲームに近い感覚。でもゲームをする……というにはちょっとレートが高すぎて手が出しにくい。っていうかゲームならほかにもあるわけだから……となり、若者の遊技人口が減ってきているってのが、この業界の発展・維持における最大の問題として取り上げられています。

そういえばそんな中、私も日頃お世話になっている代理店さんとリクルート社が合同企画で「パチンコ未来コンテスト」っていうのをやっているって話を聞きましたっけ。なんでも大学生を対象に行っているコンテストだそうで、総額77.7万円の賞金も出るのだそう。若者のパチンコ・パチスロ離れが深刻化している中で、業界を盛り上げようとする動きとしては実に面白いですよね。自分が今、学生なら……とか考えてみましたが、そもそも俺、大学行ってないわ(笑)。でも佐々木さんとかは、もうメッチャ張り切って出てそうだなってふと思いました(笑)。

その思い出は盛られてますよ

さて、こんな感じで、AT機とかにホントに拒否反応を起こした時に立ち寄ろうかなと思うのがスロゲーセンだったりします。スロゲーセンに寄った時に「昔のAT機」……特に名機とは呼ばれていなかった系のものを触ってみると、この病気に効果てきめんなんですよね。

というのも、やっぱり4号機のAT機とかって、当時はそりゃあもう盛り上がりまくってましたけど、今打つと出玉面以外はものすごく物足りなく感じたりするもんなんですよ。「あ、こんなつまんなかったっけ?」って思う機種がほとんどで、ベッタリ数時間打ちたくなるような機種なんてひとつもないに等しいくらいです。もちろんそれは人によりけりだとは思いますが、少なくとも自分にとっては間違いなくそういう感覚になるため、スロゲーセンでAT機を打つことで逆に「今の機種のありがたさ」を実感できるんですよね。で、無事社会復帰(?)できる……というわけ(笑)。

とかなんとか言いながらAT機なんてひとつも触ってないじゃないかって!?
んまぁ……そうなんですが、『イプシロン』とか置いてあるとそれどころじゃなくなったりもするわけで。だからしょーがない。
また近いうちに今度はしっかりAT機を触りに行って、早いとこアレルギーを克服しないと……ですね。


text by ワサビ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る