> > 『ガン×ソード』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『ガン×ソード』  
text by 佐々木 真
 
機種画像 先週、気になる発表会を予告しましたが、早くも出てきましたよ。新基準AT機での新たなシステムが!

行ってきたのはTAKASAGOの『ガン×ソード』です。TAKASAGOといえば、現在はKPEと同じグループになっています。そうです、アクセルATを送り出したKPE開発陣なのです。

昨年末にスペレポ「俺のMIP」で『激闘!西遊記』を選出させていただいた際に「また新たなブレイクスルーを発見するメーカーとなるかもしれません」と書いたのですが、やはりやってくれましたね。いや、ここがゴールということではなく、ほかのシステムを含めまだまだ模索中だとは思いますけど。

ご存知の通り、新基準ATでもっとも問題となるのは、普通に作るとベースが極端に高くなってしまうことです。純増を高くすると50枚あたり50G以上が必要に。その分は初当たり確率を下げなくてはならず、従来機のようなスピード感が得られないのです。

その解決策の1つが『ガン×ソード』。1000円あたり約32Gとなっています。PCから見られるサブタイトルは、「KPE開発陣、恐るべし!」としたのですが。その理由は後半にて。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る