コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『沖縄フェスティバル-30』  
 

実戦データ
店舗名 某店某所
換金率 等価交換
遊技ルール
機種名 沖縄フェスティバル
投資 ゲーム数 ボーナス
2000 54 REG
3000 212 BIG
23 BIG
93 BIG
89 BIG
122 BIG
111 BIG
63 BIG
102 ヤメ
総投資額 5000円
総獲得枚数 1430枚
換金額 28500円
収支 23500円

旅は旅らしく

さて、5月8日はゴーヤーの日。これまたわかりやすい語呂合わせ。
実は自分はゴーヤーがちょっと苦手。一応かなり苦みがとってあればおいしくいただきますが、ゴーヤチャンプルーなどもわざわざ注文して食べたいとは思わないですね。

今週……っていうかもう明日ですか。友人の結婚式で沖縄は石垣島に旅立ちますが、今まで沖縄には1度も旅行に行かなかった理由が、この「食べ物」にあるような気がします。

とにかく沖縄料理がそそらない。
一応こっちのほうで沖縄料理店にも入ったことはありますが、ゴーヤーをはじめソーキソバ、なんちゃらアンダーキー(!?)など、まったく口に合わないものばかりの印象があるからです。旅といえば食が魅力の大部分を占める自分にとって、そういった意味で沖縄は魅力を感じないスポットだったんです。だからいつも北海道ばかりに行ってしまうんですかね。唯一おいしいと思うものは島らっきょうくらいでしょうか。

でも沖スロに関しては大好物ですから。毎日『ハナハナ』でも一向に構わない自分としては沖縄に行ったらぜひ本場の空気を味わってみたいと少しは思うのですが、どうやら最近は沖縄でも普通にAT文化もあるみたいですね。それじゃあ興味はない。あと旅先ではスロは打たないと決めている(っていうか旅に行ってまでスロ打つとかありえない)ためにまぁ今回も完全スルーで間違いないかな。
でも『ワンバー』だけはちょっと触ってみたい。一応検索してみたら、沖縄以外だと愛知と岐阜、茨城にちょろちょろ……ってくらいしか設置店がないみたいなんですよね。いつか触れる日は来るんでしょうか。



些細な変化がうれしい

さて、沖縄前の予行練習……ってわけではないですが、よさげな履歴と状況の『沖縄フェスティバル』が空き台になっていたんで閉店2時間前から打ってみたのがこのデータ。前任者と合わせてもBIG確率はぶっちぎり。REGが5よりはいいものの6にはほど遠かったんでまぁ4やら5といったところでしょうか。割とか云々はわかりませんが、これだけ6と5のバケ確率が離れている機種も珍しいですね。4号機のころのノーマルタイプみたい。6はだいぶエクストラなんでしょうか。

告知発生時はハイビスカスにタッチするとさまざまな変化が発生することがあり、変化が起こればBIG確定、というゲーム性。ただし変化がなければほぼバケ……ということですので、告知時はタッチするかが悩みどころですよね。今回に関してはいろいろなバリエーションを見てみたかったのでオールタッチしましたが、先に知ることができるのは喜びにもなるし悲しみにもなる……やっぱり右リールを押すまでわからないほうが楽しい気はしました。

とはいえ変化した時の喜びはホント大きく、特に点滅の速度がちょっと上がったりとか黄色い光に少し緑が混じったりとか……些細な変化しかしない場合もあり、これに気付けた時の気分がすこぶるいい。最初のタッチこそ変化なしでがっくりしましたが、そこからは閉店までオール変化。スイカの取りこぼしもないラクラク配列で、快適に楽しい連チャンを味わうことができました。

ちなみにリーチ目で察知した場合はリーチ目とともにハイビスカスを触ると触っている間だけ光るとのことですが……残念ながら今回は味わえず。中段チェリー出現時もリーチ目扱いになるのかと思いましたが、中段チェリー+スイカ揃いの出目でも光らず(次ゲームに光るのみ)。触っている間だけ光るっていう斬新さを味わいたいだけのために、またちょっとよい履歴があったら積極的に打ってしまいそうです。4でも104%くらいあったら、しこたま打つのになぁ。
text by ワサビ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る