コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『ミリオンゴッド-神々の凱旋-』ほか  
 

実戦データ
店舗名 某所某店
換金率 等価交換
遊技ルール
機種名 『ミリオンゴッド-神々の凱旋-』ほか
投資 ゲーム数 ボーナス
GOD凱旋
2000 46 GG
5000 275 GG
27 GG
5 GG
287 GG
11000 404 GG
3 GG
202 GG:上乗せ1個
3 GG
7000 427 ヤメ
マイジャグラー2
1000 21 REG
34 BIG
56 BIG
68 BIG
14 REG
358 BIG
2 REG
75 ヤメ
総投資額 26000円
総獲得枚数 756枚
換金額 15000円
収支 -11000円

きっかけはフジテレビ、じゃありません

「木更津キャッツアイ」というドラマが好きで好きで。タイムリーでは見ていなかったのですが、ふとしたきっかけで観だしてからはハマりにハマってDVDまですべて揃えてしまうほど好きになりまして。
そこから「宮藤官九郎」という作家さんにハマり、「池袋ウエストゲートパーク」を観て、本も読んで……とやっているうちに出会ったのが「タイガー&ドラゴン」。これが落語を題材にしたドラマだったのです。

内容的にも面白く、世界観が自分にとってまったく新鮮だったこともあり、木更津キャッツアイと同じくらいハマりましてDVDも買って。そこからですかね、落語という世界に興味を持ち出したのは。
今では飛行機に乗るたびに落語のチャンネルを楽しんでいるのですが、あの話がちょうど面白いところに差しかかってきたところで、機内放送のキャビンアテンダントさんの声がかぶさるのは本当に残念な気持ちになります。いや、安全を思ってのことですから仕方ないのはわかるんですけどね、ちょっと残念……ってだけ。そのくらい、落語は一度聞きだすと夢中になるものなんです。

噺家さんによってテンポも雰囲気も全然違いますよね。
面白く聞こえるか聞こえないかも、話の内容というよりその噺家さんの実力がほとんどといっても言いんじゃないかというくらい。いやー、落語は奥が深い。……っていうほど、のめりにのめり込んでいるというわけではないですが、これからのめり込んでいきたいとは本気で思ってたりします。
落語は昔からある話を今風にアレンジしている場合も多くて、タイガー&ドラゴンではそこのところが実に面白く組み立てられているんですよね。噺家として登場しているのはほとんどが芸能人(春風亭昇太さんも出ていますが)ですが、実によくできたドラマだと思いますのでぜひ見てみてください。 いつかは高座に行ってみたいなぁ……。落語って、意外とお高いんですよね(笑)。

『GOD』系はもはや古典

さて、別に落語の話をしたからと言ってこのコラムに落語のようなオチは一切ないわけですし、噺家でもありませんのでなんの脈絡もなくいきなりパチスロの話にモード移行しちゃったりもするんですからご了承を。

いや〜、最近『凱旋』が勝てない。
空気みたいな存在に感じるくらいGODを引いているけど、実際に空気。たいてい5連か6連くらいで終わっちゃうし、すでに7万とか入ってる時に引かれても……って、そりゃ引いてくれたほうが嬉しいんですが、半分も返ってこないとなると「明日の朝イチ1000円で引いてくれればいいのに」とか思っちゃったりしますし。

導入当初は勝負になっていたことを考えても、やっぱり状況が悪いんでしょうね。『ハーデス』のベタピン営業に慣れすぎたホールに『凱旋』を与えても使い方が下手だったようで。『凱旋』は『ハーデス』と違って各フラグに限界値がありますから(時折それを予想以上に超える時があるだけ)基本的には設定に準じて出るようになっていると思うんですよね。特に設定6の存在感が大きくて、これが投入されていないと打ち手のモチベーションも上がらないし勝負にもならない。そこがわかっていないホールが多いような気がします。誤爆しにくい仕様なんですって……わかってるならほんと、設定をお願いしますよ。

個人的には『ハーデス』よりも『凱旋』のほうが面白いと思ってますので、もう少し打てる状況みたいのを作ってほしいですね。そうじゃないとせっかく気張って『凱旋』打っても、「GOD引きました、けれどもまた負けました」……みたいな、なんのオチもない話ばかりになってしまいますので。 『バイオ』も『エヴァ』も出ますけど、まだまだ[『GOD』系を打ち続けたい方も多いんじゃないかなぁ。AT機としては数少ない良台なだけに、まだまだ長生きしてほしいと思うんですけどね。
text by ワサビ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る