コラム
スロプロ実戦攻略データ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

『ゴーゴージャグラー』  
 

実戦データ
店舗名 某店某所
換金率 等価交換
遊技ルール
機種名 『GOGOジャグラー』
投資 ゲーム数 ボーナス
『GOGOジャグラー』
4000 141 REG
45 REG チェリー
4000 208 ヤメ
『GOGOジャグラー』
2000 63 REG
3000 170 BIG
111 BIG
29 BIG
125 REG
244 BIG
31 BIG:チェリー
90 REG
15 REG
9 BI:チェリー
118 BIG
312 ヤメ
総投資額 13000円
総獲得枚数 約1000枚
換金額
収支 約7000円

『GOGO』はずいぶんと研究しました

研究に明け暮れる人生かぁ。そういったものに興味を持てなかった自分には想像しがたいですが、やはりそういった方々は普通に働いている方より幸福度が高いんでしょうか。好きなこと(おそらく)に没頭して生きているわけですから。
そう考えると我々パチンコ・パチスロライターも没頭という意味では同じなのかもしれませんね。時にはリールすら見たくもなくなる時もありますけど、それでもやっぱり心の底ではパチスロのことが好きだから人生丸ごとパチンコ・スロットに投げ出しているわけで。

そして、この『GOGOジャグラー』もそうですけど、ここにきて研究したくなるような機種が増えているのがうれしいところ。あとは『ゴッドイーター』に相変わらずの『ハナビ』……『凱旋』に関してはもう投げ出したい研究材料ですが(笑)。

『ジャグラー』もこの『GOGO』ではだいぶ冒険しましたよね。
単独ブドウと共通ブドウだなんて……誰が見たってここに差をつける意味がどこにあるのかいまいちピンとこないわけですからね。導入当初からいろいろと考えてはみましたが、自分の中でも未だに明確な答えは出ていません。なんでなんですかねぇ……。



BAR枠上ハズレはペカリ確定

どうしても理由を付けるとすれば、制御のパターンを増やすためかと。
例えば上にチェリーが付いているBARを狙っていた場合、枠上BARからのブドウ揃い(単独)と上段BARからのブドウ揃い(共通)、そして4コマスベリからのブドウ揃い(単独)……と3パターン出るわけですから、それだけでなんとなく通常時が盛り上がっているようには感じます。

あともうひとつは『単独チェリー』の存在。
いつもならブドウかリプレイが揃う位置で小役がハズれるとピエロかベルの取りこぼしか単独チェリー(BIG確定)となるわけで、その出目を出すためのブドウの種類のようにも感じますが、そうなると上にチェリーが付いたBARを狙ったときはいつも小役が揃う位置なのでハズレは……『ペカリ確定』になるのでいまいち盛り上がらせきれていないようにも感じるんですが……。だから矛盾というわけではなく、単純に残念ポイントとして捉えれば納得はできるんですが、ブドウの種類をいくつかにしてまで残念になるような手抜きをするのかということにも疑問を感じます。

ちなみに下にチェリーが付いたほうのBAR狙いならば、枠上チェリーと枠下BARからの小役ハズレはベルピエロor単独チェリー。こちらはしっかり単独ブドウが活きた制御になっているんですけどね。

とかとか、いろいろ考えながらパチスロを打てているとき、確かに幸せな気分になりますなぁ。昔は自分みたいなパチスロ観の方も多かったように思うのでそうは思いませんでしたけど、今となってはパチスロに対する『研究』という面においては自分は向いているのかもしれないなと、ふと思ったり。本当は同じように考えてくれる後継者が出てきてくれて、雑誌などでもやらせてもらっている制御ページは卒業したいんですけどね。だってあれ、大変なのよ、ホント(笑)。まぁでも一生研究……も、悪くないかな。
text by ワサビ


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る