> > 8枚交換の『楽シーサー』 編
コラム


ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ

8枚交換の『楽シーサー』  
text by 佐々木 真
 
機種画像 機種画像 東京に住んでいると、どうしても等価交換営業のホールで実戦することが増えてしまいます。取材帰りなどでホールを覗くことも多いので、交換率によるギャップがないのは助かるとも言えるのですが……

正直なところ、等価交換はあまり好きではありません。

ホールが利益を出すためには、どうしても低設定に頼ることとなります。新台の購入費用だけでなく、光熱費や人件費などなど。出玉率100%で打たれたら、ホールは赤字となってしまうのですから。

この低設定が多い環境は、さらなる悪循環を生み出します。どの台に高設定が入るかという予想が面白くなくなるのです。「高設定台に座れたという満足感」、この成功体験ができるのは、ほんの一握りとなってしまいます。

高設定台がないホールで、いくら芋掘りをしても無駄。この諦めにも似た心境では、翌日の予想などする気もおきません。こうして、そのホール独自のリピーターは減っていきました。


今回の実戦データはそんな時代に逆行する超「格好いい」ホール。どの検索エンジンにも引っかからないホールですが、その近辺に住む友人に連れられて行ってきました。

パチンコの40玉交換に合わせたため、なんとパチスロは8枚交換。これなら設定にも期待できるはず(笑)。

というか。8枚交換で打つのは、2000年以来。宮城が一律8.4枚交換。長野が8枚交換。大阪が7.6枚交換……2000年頃までは珍しくなかったんですけどね。




ひとつ後のコラムへ ひとつ前のコラムへ
パチプロ実戦攻略データ スロプロ実戦攻略データ





このページの先頭へ戻る




戻る 777@niftyトップへ戻る