> > 潜伏・内部確変時代の立ち回り
スペシャルレポート

潜伏・内部確変時代の立ち回り

| 概要 | レポート |


潜伏・内部確変時代の立ち回り

パチンコ遊技台の内規が変わり、随分時間がたち、一般のお客さんの間にも様々なタイプの遊戯台が定着し始めた。それでも、首をかしげながら遊技台のパンフや解説シートをひっくり返して見る人は後を絶たない。それはもっとも一般のお客さんのみならず、冬月のようなパチンコ専業人にも言えることだ。そして、問題なのは基本的なゲーム性はそれらのパンフなどで理解できたとしても、肝心のその台の持つ基本的ポテンシャルや内部確変などの「秘密」は容易に看過できないことだ。しかし、それはとりもなおさず、情報をより多く持つものにとっては立ち回りやすい(勝ちやすい)という状況なのだ。よって今回のスペシャルレポートでは、潜伏・内部確変時代に有効な立ち回りを紹介してみたい。

Text by 冬月カースケ

次のページへ

| 概要 | レポート |

前のレポートへ 次のレポートへ




このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る