> > チャーリー・ロドリゲス・湯谷の「21図柄のパチスロ人生劇場」
スペシャルレポート

チャーリー・ロドリゲス・湯谷の「21図柄のパチスロ人生劇場」

| 概要 | レポート |


チャーリー・ロドリゲス・湯谷の「21図柄のパチスロ人生劇場」

いやいや、2007年は衝撃的な幕開けでしたね。特にDJ.OZMAね、裸Tシャツは凄かった!早速、ドンキーでも行って買ってこようかな?って思ったら、3月発売予定らしいじゃないですか!うーん、でも、探せばきっとどこかにあるはずだから、もっと探して、そのTシャツを着ながらパチスロを打とうと妄想している今日この頃です。もしかして「裸Tシャツお断り!」とか、お店に書かれたらマズイなぁ〜?なんて事も思っているんですが。(まあ、間違いなく出禁になってしまうでしょうけども…)

さて本題に。最近はそんなDJ.OZMAよりも、中国で「尻出し」をしたトミーズ健のニュースの方が重要だなぁ〜と考えながら仕事をしている小生ですが、パチンコ業界も今、大変なんです!パチスロ5号機新時代の事なんですけどね、「3年前から規則改正しているんだから、もっと5号機へ入替を進めていれば良かったのに…」という声を聞くのですが、まさにその通り!ごもっともでございますよ!

…でも、でもですね、これもニワトリが先か?タマゴが先か?っていう程に、市場も盛り上がらなかったって事もあったわけで。それがどうでしょう?今年に入って4号機も検定期間が切れるという影響もあってか、5号機の新機種発表も増えて少しづつ設置台数が伸びているじゃありませんか!しかも、プレイヤーも5号機を積極的に打ってみよう!という動きもあるし、昨年とは全く違う状況になっておりまして、お店も5号機を見る目が変わってきたというか、何と言うか…。

とにかくですね、色んなところで主張しているんですけども、お店もプレイヤーももっとパチスロ5号機に触れながらですね、興味を持って暖かく育てていこうじゃありませんか!ここが大事なんですよ、ホラ、「三つ子の魂、100まで」ってことわざもあるくらいで、最初が肝心なんですよ。是非、時代に乗り遅れず、迷わず打ってもらいたいものです。

最近は「以前に比べてギャグがさらにつまらない!」と突っ込まれているので、センスアップの為に「ギャグ700連発」という本を買って熟読しております。

ギャンブルの神もお笑いの神も降臨しない、そんなチャーリーが緊急提言致します!

次のページへ

| 概要 | レポート |

前のレポートへ 次のレポートへ




このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る