> > ゴールデンウィークの立ち回り(パチスロ編)
スペシャルレポート

ゴールデンウィークの立ち回り(パチスロ編)

| 概要 | レポート |


ゴールデンウィークの立ち回り(パチスロ編)

放って置いても人が集まってくる時期は「打たない」のがベターな選択。もはや定番となった考え方ですが、今年のゴールデンウィークは一味違っています。というのも、ストック機を打てる最後の大型連休だからです。最後に思う存分楽しみたいという人を羽交い締めにして止めるつもりはありません。ただ、ストック機を打つなら負けて当然という覚悟は持っておく必要がありそうです。

ホールにとって、出玉の還元とは先行投資の意味合いを持っています。数ヶ月経つとストック機はなくなります。もはや、ストック機に新しいお客さんを付けるために投資する必要はまったくありません。冷静に考えてみてください。新規開店・新装開店が勝ちやすいのは、先行投資をしてもらえる時期だから……というのが最大の理由ではないでしょうか。

ストック機がダメそうな時こそ、5号機がイケるんじゃないの? と、考えた人は、新時代の「立ち回り上手」になれる素質のある人です。人が多く集まる時期だからこそ、5号機へお客さんを誘導するために、出ることをアピールすれば費用対効果が大きい。それを狙ってみるのは、筋がいいとは思います。でも、そう一筋縄ではいかないんですよ。

Text by 佐々木真

次のページへ

| 概要 | レポート |

前のレポートへ 次のレポートへ




このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る