> > 新時代の情報活用法
スペシャルレポート

新時代の情報活用法

| 概要 | レポート |


新時代の情報活用法

川淵サッカー協会会長の「若手が高級車を乗り回すのも社会常識を逸脱し……」とのコメントを聞いて、大衆車なら犯罪を犯さなかったのか?
三十路半ばにして13年モノになるシビックの車検を通したばかりの私も、逆に社会常識を逸脱しているのではないか? と感じてしまう今日この頃です。あ〜こりゃこりゃ。

さて本題に。情報を得ることが勝利の近道となっていたストック機時代。多くの人が各社の携帯サイトなどをブックマークして、打ちながら確認していたことでしょう。情報をいち早く仕入れられる人が有利な勝負をできる。それは、ストック機だろうが5号機だろうが変わりありません。この6月末からは本格的にストック機が撤去されるので、大量に新機種が導入されていくことになります。

「この機種の打ち方ってどうだっけ?」全部を導入前に覚えるのには無理があります。
そんな時に確認で使って欲しいのが弊サイトの携帯版。大手3社すべてに公式サイトとして登録されており、もちろんタダです。……って、これも重要なんですが、この宣伝のためだけの特集ではございません。

打ち手側は、情報を得るだけでなく自分からも情報を有効に発信して有利にコトを運ぶ
ホール側も、より効率的に有効な情報を得る。そんな一挙両得なサービスを導入するホールが増えつつあります。そんな新時代の情報活用法が今回のテーマ。

森元首相の「いっと」や「あいてい」という発音が懐かしく感じられる昨今。発音はさておき「IT」という言葉を連呼する人を見て、この人は情報化社会に乗り遅れてるんだなぁという悲哀を感じずにはいられません。
そんな森首相どころか橋本首相の時代、ワープロでもできちゃうパソコン通信の元祖「ニフティサーブ」に参加するためだけにパソコンを買ってしまった佐々木が緊急提言します!

……すみません、書き出しからして、チャーリー先生のマネを1回してみたかっただけです。やっぱ私には向いてねぇ(笑)。

Text by 佐々木真

次のページへ

| 概要 | レポート |

前のレポートへ 次のレポートへ




このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る