> > ワサビが選ぶ「パチスロAWARD 2007」
スペシャルレポート

ワサビが選ぶ「パチスロAWARD 2007」

| 概要 | レポート |


ワサビが選ぶ「パチスロAWARD 2007」

原稿を書くつもりで今年一年を振り返っていこうとすると「今年何が一番好きで、何を一番打ってたっけ……」と思い出せなくもなったりするもの。なんていうかあまりにもいろんな機種を打ちすぎて、パッと「これだ!」っていうものが出てこない。特にこの思い出そうとする場が「机の前」という状況だからこそなおさらなのか。原稿を「書いている」という段階ではまだその話は独り言に過ぎないわけで、スロ話は1人でしていてもテンションが上がってこないわけで。やはりみんなで共感し合ったり、反論し合ったりするからこそのスロ話なわけで。

キーを叩く手が一向に進まないから、つい昨日、佐々木さんとファミレスで話したスロ話を思い出してみる。
『ゲッターの中リールのスベリは先代と違くないですかね?』
『今年一番BIG中が面白かった機種はなんでしょ?』
『真・○○のBIG中のシステム、噂がホントならは中身は哲也じゃ?』
『哲也、まだホールで打ててないんですよ』
『そういや最近麻雀してないですよね〜』
『佐々木さん、どっかに打てるメンツいないんですか?』
……とまぁ最終的には話は麻雀のほうで花が咲いてしまったけれど、それでも大の大人が、ほとんどスロ話だけでファミレスで4時間……。ジョシコーセーじゃないんだから。男同士2人っきりで、こんなのがしょっちゅうっていうんだから、よく考えれば気持ち悪い。

話はいきなりの脱線ですが、今年数え切れないほど行った居酒屋、ファミレス。こういう場の会話こそが、いちばん今年のアワードを語れているんじゃないかと。目の前に山積みになった機種のカタログがあったって、今年登場した機種の一覧表があったって、一人じゃスロは語れない。今回のスペレポ(ワサビ編)では、今年一年の「居酒屋での会話」を思い出しつつ、キーを叩いてみたいと思います。

次のページへ

| 概要 | レポート |

前のレポートへ 次のレポートへ




このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る