> > パチプロ受難の時代〜勝ち組と負け組の構図(タッキー編)
スペシャルレポート

パチプロ受難の時代〜勝ち組と負け組の構図(タッキー編)

| 概要 | レポート |


パチプロ受難の時代〜勝ち組と負け組の構図(タッキー編)

前回のカースケさん同様に「勝ち組」と「負け組」をテーマにお届けしたいと思う。今回はパチプロを限定とせず業界全体を捉えて語ってみたいと思う。それにしてもなんだか重たいテーマだなぁ、こんなご時勢だし・・・。

我々打ち手にしろ、お店にしろ、パチンコ台を販売しているメーカーにしても、「負け組」という枠があって初めて「勝ち組」が存在するのだろう。世の中そんな風にバランスがとれているのだと思うが、近頃このバランスが大きくずれていると言わざるを得ない。

あくまでパチンコでの勝ち負けの問題であって、いつもパチンコで負け続けているからといって、なにも人生の「負け組」という訳ではないのでご安心を(笑)。

自分のことを例えるならば、確かにパチンコでは幾ばくかの収益を上げこんな所で原稿まで書かせて貰ってはいるが、はっきりと断言しておこう! オレは負け犬だぁ、いやいやもとい、オレは「負け組」だぁ!それではいってみましょう。

Text by タッキー

次のページへ

| 概要 | レポート |

前のレポートへ 次のレポートへ




このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る