> > スロプロ受難の時代〜勝ち組と負け組の構図(佐々木真編)
スペシャルレポート

スロプロ受難の時代〜勝ち組と負け組の構図(佐々木真編)

| 概要 | レポート |


スロプロ受難の時代〜勝ち組と負け組の構図(佐々木真編)

「勝ち組と負け組の構図」というサブタイトルですが、どちらかというと「スロプロ受難の時代」というメインタイトルのほうを書きたかったりして。


というか、そもそも「プロ」って何なんでしょうね? パチやスロだけで生活できたらプロ? そんな単純なものじゃないでしょ。

仕事柄「佐々木プロ」と呼ばれることも多いんですが、かなり違和感があったりします。もう8年以上前ですが、テレビの実戦番組を始めるにあたっての打ち合わせで「佐々木プロっていう呼び名だけはヤメてくれ!」と懇願したくらい。まぁ、どこの馬の骨ともわからんヤツが出るのに、それくらいは付けておかないと……と押し切られたんですがね。

他人から「プロ」と見なされたり、呼ばれたりするのは仕方ありません。自分の考え方を説明するのも面倒だし、たったの2文字で表現してくれる簡単さには甘えたくなります。ただ、自分のことを表現するのに「プロ」という言葉を使うのは適切でないと思っています。なぜなら、パチプロ・スロプロには、スポーツ選手や囲碁・将棋の棋士などと違って特に定義がなく、聞く人によって線引きが違うんですから。

ちなみに、カースケ・タッキー両巨匠&ワサビさんと呑みに行って「プロ」って言葉が出る時は、自虐的に使われることがほとんどですよ(笑)。

Text by 佐々木 真

次のページへ

| 概要 | レポート |

前のレポートへ 次のレポートへ




このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る