> > ぼくらが愛した技術介入 〜タッキー編〜
スペシャルレポート

ぼくらが愛した技術介入 〜タッキー編〜

| 概要 | レポート |


ぼくらが愛した技術介入 〜タッキー編〜

今回のお題は「僕らが愛した技術介入」だ。一見すると爽やかなイメージが伝わってくるが、実際のところは結構コテコテのお題なのである。正確にいうと、「僕らが」というよりは「僕が」といったほうが正解なのかもしれない。

同じ機種であっても、打つ人によって打ち方はまちまちだし、どれが正しいかなんて一概には言えないのである。一つ言えること、それは、そこに「愛」があるかどうかということだ。台叩きや、台のネカセを無理矢理変えてしまうといった、乱暴ではあるがその人にとっては工夫した結果の作業なのかもしれないが、そう、そこには「愛」がないのである。

そんな訳で「僕らが愛した技術介入」、早速いってみたいと思う・・・。

Text by タッキー

次のページへ

| 概要 | レポート |

前のレポートへ 次のレポートへ




このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る