> > ハマリの美学 〜 冬月カースケ 編 〜
スペシャルレポート

ハマリの美学 〜 冬月カースケ 編 〜

| 概要 | レポート |


ハマリの美学 〜 冬月カースケ 編 〜

ハマリの美学かあ。美学と言うのは元々、哲学の概念。美とは何かという美の本質、どのようなものが美しいのかという美の基準、美は何のためにあるのかという美の価値を問題とする考え方らしい。

つまりあれだ、ハマリを「美しい」または「カッコいい」と思える自分自身がいないと成立しない。うん、そういえばそんな風に思った時も確かにあった。過去形で語るのが、現在の自分の状況。それはとても悲しいことだが、その過去を思い出しつつ書いてみようと思う。題して冬月カースケの「はまりの美学」の始まり始まり。


Text by 冬月カースケ

次のページへ

| 概要 | レポート |

前のレポートへ 次のレポートへ




このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る