スペシャルレポート

ライター3名が選ぶ、俺のMIP! 〜パチスロ AWARD 2012 編〜

| 概要 | レポート |


佐々木 真が選ぶ、俺のMIP!

シンデレラブレイド(ネット)

今年は、投票されることを考えてノミネートするわけではないので思い切った機種を挙げられるのが嬉しい限り(笑)。と、喜んでいると文字量がいくらあっても足りないので、何を推そうか考えていた過程をそのまま書いてみることにします。

MIPといえば、アッと驚く新機能に着目したいところ。これは間違いなく『パチスロ鉄拳2nd』の0G上乗せコンボ「鉄拳アタック」です。従来のフリーズ演出と異なり、終了時間未定というところが斬新……というか、よく型式検査に出したなあと(笑)。その後、多くの機種で採用されましたね。ただ、これはMVPを争うべきタイトルだと思います。

MIPには欠かせないボーナス主体タイプ部門。いろいろ悩みましたが『ヱヴァンゲリヲン 〜生命の鼓動〜』。というか、MAGIモードです(笑)。レア小役成立時以外は静かなのが素敵すぎます。特リプ待ちのゲーム性? いや、前からチェリー待ちじゃないですか。あと、ビタビタ押させるフラグ察知手順もGood。ま、これも本来はMVPを……。

市場での稼働はイマイチながらも、好きな機種部門は『トロピカーナ』。完全告知系は、特にアツいゾーンがあると叩き甲斐を感じる私の性格もありますが(笑)。中段チェリー以外は、すべて現実的な数値なので「ヒケない自分が悪い」と素直に思えます。また、連チャンやチャンスゾーンの突入や終了が出目でわかる潔さ。こういうのが、回胴式遊技機のアツさです。

取材系ライターだから出会えた超好み部門。『SOLAR7』です。開発者さんと、昔好きだった機種について語り合いたいレベルです。回胴式遊技機という言葉の意義を共感できそう。という書き方をしているように、今時の方々には理解不能な機種かと(汗)。全国で200台前後というのもあり、イチ押しにはできませんが、一番好きな機種でした。

現在主流のシステムでありながら、着眼点を変えてヒットした部門は『シンデレラブレイド』。ゲーム数上乗せ型のART機と至って普通ですが、勉強する暇のないユーザーでも、アツいポイントがすぐにわかるゲーム性が光りました。お尻ペンペン。

最近は、さまざまな突入契機や上乗せ特化ゾーンを誇る機種が多すぎましてね。パチスロからちょっと離れると敷居が高くなってしまいがち。来年もART機ばかり出てくるでしょうが、もう少し誰でも「こうなりゃ良いんだ。惜しいところまでは行った」と思える機種が増えて欲しいものです。

そんな願望もある&稼働状況も踏まえて、私のイチ押しは『シンデレラブレイド』とさせていただきます。


チャーリー・ロドリゲス・湯谷が選ぶ、俺のMIP!

パチスロ喰霊-零-(オーイズミ)

まだ終わってませんが2012年は激動の1年。特にスロット市場では、広告規制の法厳格化や一物一価問題、そしてスペックに関する規制やファンの減少等、さまざまな変化がありました。そのような中でもっともMIPにふさわしい機種を紹介していきます。

まずはじめに『パチスロ海物語ミラクルマリン』。設定変更後に特定手順によって1GでARTに突入する機能を搭載した「朝一勝負」できる台でした。またボーナスでメダルを増やすのがメインで、設定1でも1/199という確率も嬉しく、「短時間勝負のユーザーをターゲット」というコンセプトがしっかりしたスロット機。また、筐体の質感や液晶表示技術、煽り演出などはパチンコメーカーならではの完成度の高さで、疲労感なく打てるところにその質の高さを感じましたね。

設置台数が少なく、脚光を浴びる形となってならなかった、タイヨーエレックの『To Heart2』。比較的軽い合成確率と一発を秘めたゲーム性で、人気美少女ゲームとは思えない程のSっぷりな演出にマイスロ機能搭載と、実にハマってしまう要素満載の機種でした。ボーナス+ARTで遊びやすく、ART抽選特化ゾーンの「スペシャルデートタイム」は見所の一つ。美麗な表示技術が特異なところで、MIP候補としてふさわしい機種と言えるでしょう。

続いて、発表会の強烈なインパクトで、すっかり虜になってしまった『パチスロ クイーンズブレイド 流浪の戦士』。ボーナスメインでRT機能を搭載していますが、救済機能ではない形で出玉を増やす「期待感」を感じさせる斬新なシステムを搭載していた機種でした。ART機ではない形で勝負したところと、原作に基づいたゲーム性や世界観を大事にした結果と勝手に推測していますが、そのチャレンジはファン増に十分に貢献したのではないでしょうか?

決してアニメ好きで、詳しいわけでもないのに、『パチスロコードギアス反逆のルルーシュ』はなんだかよく打った機種で印象深いです。最初はただART大量上乗せ抽選の「ギアスチャレンジ」に向かって一途に諭吉を投入するだけでしたが、非常に奥深いゲーム性に感動し、いろんな人にそのゲーム性を聞き歩き、積極的に詳細を調べた機種でした。間口の広さと同時に、奥深いゲーム性を形にする「サミーらしい」と感じさせられた機種でした。

そして、チャーリーが選ぶ「俺のMIP」は『パチスロ喰霊-零-』。「なぜ?どうして?」と思ってしまう程に、あまり目立った存在になっていませんが、MVP級だ!と言い続けている機種です。最大の特徴は「リール制御」と言いきって良い程に完成度高く、中級者から上級者にかけての評価は絶大でした。そして、スロをはじめたばかりの人でも十分に楽しめる仕様となっているのも嬉しいポイント。好奇心を持って調べると、次から次へと新しい発見がある機種で、今年初めて原作のDVDまで借りてしまった程です(笑)。

結果の良し悪しに関わらず「こういった機種を作りたい」というメッセージを感じ取ることができたという点で、今回挙げた5機種ともMIPを受賞するに値するのでは?と思ってます。来年はどんな「新しさ」を見せてくれるのか?非常に楽しみです。


ワサビが選ぶ、俺のMIP!

マハロ-30(北電子)

印象に残った機種は数あれど、いずれも打ちこんだかと言われれば……決してそうとは言えない。それくらい今年は、ひとつの機種を打ち込むことが少なく、次から次へ登場する「可もなく不可もなく」みたいな機種の乱立だったように思う。しかしながらそんな中でも、「これは!?」と思う機種はあった。

まず最初に紹介するのは『ミラクルジャグラー』。こちらは正直、自分の中での今年のMIP機種筆頭にするか迷ったほどの機種だ。リール配列は従来のアイム系と同じなのにも関わらず、リール制御が違う。しかもただ違うだけではなく、わかる人にしかわからないような絶妙な差を作っており、しかもそれが順押しだけでなく中、右押しにまで作られているというのだからこれはもう感動レベルとしか言い様がない。リーチ目を作るといった点ではハッピーやラブリーなどで行われていたが、「リーチ目を増やす・チャンス目を作る」といった方向の視点でアイム系をいじってくるとは夢にも思わなかった。これをやり遂げた北電子さんの開発人に拍手である。

『鉄のラインバレル』。佐々木さんの言葉を借りれば「JACの先読み」という新機能が搭載されたこの機種。これから先の機種に活きてくるかはわからないが、昨年の『プロゴルファー猿』しかり、このメーカーだけはどんな機種を作ってくるのか想像すらできないという印象を与えてくれた。猿の時もそうだったが、新機能だけでなく通常プレイ中などのバランス配慮ももう少しあると、今後化ける機種を連発するメーカーさんになるのではないかと楽しみにしている。

『ニューパルサーSP』。これまでは「従来のリーチ目を楽しみつつニューパル初心者にも楽しめる告知モードを搭載した」ということがMIP候補の理由としていたが、ここ最近さらに打ち込んで見たことで少しここに評価要素が加わった。それは「リーチ目がわかりやすくなっている」ということ。スペースの関係上細かくは書けないが、これまでのニューパルシリーズに比べ、法則性が増えてわかりやすくなっている。これはニューパルを知らない世代にニューパルというものを知ってもらうための配慮であろう。メーカーが自分たちが最も大事にすべきものというのが何かをよくわかっている山佐さんに脱帽。次シリーズはまた硬派なモノを望みたい。

『トロピカーナ』。ボーナスに連続性を持たせることを目的に、さらにシンプルなゲーム性に仕上げるために凝らした工夫。そして連荘ゾーンのゲーム数設定と、そのゾーンでの実質的な当たり確率が実に巧妙に計算されている。これは明らかに、古き良き時代のパチスロ、花が乱れ咲いた時代のパチスロを知っている人間でないとなかなか到達し得ない域だと思う。ただ、残念な点もいくつか。まずはこればかりは仕方がないが「ボーナス消化が長すぎる」ということ。長すぎるなら長すぎるで、もう少しボーナス中の特典も欲しかった。そしてもう一つが、「乱れ咲く花は、もう少し怪しい雰囲気のほうがいい」ということ。タイトルが『トロピカーナ』だけに致し方がないところだろうか。

そして最後に「俺のMIP」機種最有力候補として挙げさせていただくのが北電子さんの『マハロ-30』。某ハナ系機種をモチーフにして作ったと思われる……というか間違いなくそうであろうこの機種だが、真似をして作ったとは思えないほどの完成度の高さである。ハナ系機種のメッカである九州で、ほかのハナ系よりも客を引いていた光景を見て唖然としたこともあった。過去に様々なメーカーにジャグラーを模倣され、それでもそれぞれのメーカーはジャグラーを越えられなかった。しかし北電子は……。模倣され続けたからこそ生み出せたとも言える、完成度の高い模倣台。この機種はもういうなれば「究極のパ○リ台」といえるであろう。ちなみにパセリではない。


そして今年のMIPはこちらの機種!

シンデレラブレイド(ネット)

『パチスロ喰霊-零-』『マハロ-30』『シンデレラブレード』と、各ライター陣のMIPが出揃いました、みなさんの「俺のMIP」はいかがでしたか?

1年を振り返ってみると多くの「Most Impressive Pachislot」を思い出すことができます。ここに挙がっただけでも約15機。アルコールでも飲みながらパチスロ好きの人と集まればもっともっと多くの機種が出てくるはずです(笑)。本企画でまだ見ぬ「印象的な機種」に出会えるきっかけになればと思います。

そして、もうご存知の方も多いかと思いますが、パチンコ AWARD 2012の当サイトのMIPに輝いた機種は、ネットの『シンデレラブレイド』となりました! ネットさんMIP受賞おめでとうございます!!

MIP発表ページはこちら

詳しくはMIP発表ページをご覧いただきたいですが、「ライトユーザーでも“わかりやすくアツくなれる”ゲーム性」が高く評価された結果と言えるでしょう。来年も数多くの魅力的な機種が出てくることを期待したいと思います。今日は、先週とはうって変わり長い夜になりそうです……(汗)。

777@nifty 編集部

| 概要 | レポート |

前の記事へ 次の記事へ




このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る