> > チャーリー・ロドリゲス・湯谷の2013年上半期、今心に残るあの機種
スペシャルレポート

チャーリー・ロドリゲス・湯谷の2013年上半期、今心に残るあの機種

| 概要 | レポート |


チャーリー・ロドリゲス・湯谷の2013年上半期、今心に残るあの機種

読者の皆様、こんにちは!チャーリー・ロドリゲス・湯谷です。ハイきたスペレポ! まだまだ人生で言えば小僧レベルですが、体力はすでに第3コーナーを回って人生の直線に入りそうな程、劣化しておりまして。最近、パチもスロも打ってるだけで疲れる(笑)。

そんな小生が今回もらったテーマは「チャーリーの2013年上半期、今心に残るあの機種」でありまして、これが非常に難しい! 「今でしょ!」って言葉が流行り始めても、未だに酔っぱらうと『この道を行けば……』と迷わず口走る始末! 今どころか、ますます「後退」しまくっているわけでして。

とはいえ、個人的には良い意味でも悪い意味でも「パチンコ・パチスロを考え直すキッカケ」となる出来事があった、2013年の上半期であります。振り返っちゃいましょう、ええ振り返りますよ! 何せタロウ打ちながら、ウルトラマンエースの「北斗と南」……レスラーで「北斗と南」と言えば、北斗晶と誰だったっけ?と今でも2時間くらい悩みますから! 「そりゃー、レスラーで南と言ったらみなみ鈴香で……海狼組(マリンウルフ)って言うんだよ!」と。

なんでも知っている僕の師匠『T氏』にもコラムを読んでもらってますから、気合いが入るというものです。
最近、20“13”つながりで「ゴルゴ13」の新刊を2冊買ったチャーリーがお届致します。

Text by チャーリー・ロドリゲス・湯谷

次のページへ

| 概要 | レポート |

前のレポートへ 次のレポートへ




このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る