スペシャルレポート

ワサビ店長の考える100台のパチスロ店(2014)

| 概要 | レポート |


何時からでも遊びに来られるスロ専

これが当店「パーラーワサビ」のラインナップ。見ていただければお分かりの通り、その機種構成は完全にワサビの趣……ゴホンゴホン、ではなく、ボーナス主体型のものがメインとなっております。

今の世の中はAT全盛期ですよね。たしかに最近でこそ初あたりが軽くて遊びやすいものであったり、疑似ボーナスを本物のボーナスに見立てて適度な連荘とノーマルっぽさを楽しませるものもあったりはしますが、それでもやはり午後9時を過ぎてくると手を出しにくいものばかりのような気がします。

そんな中、当店で用意させていただいているラインナップは、すべての機種のボーナスが本物のボーナスの機種ばかり。ノーマルタイプがメインとなっていいる中ちょっとしたRT機などもありますが、取りきれないことがそこまでは痛くない機種ばかりを用意させていただいておりますので何時まででも安心して、心行くまでご遊戯いただけることと思います。

……とまぁ店長口調はこれくらいにしといて、どうでしょう。最近はどこのホールを覗いても同じ機種構成に同じ台数構成のところばかり。たまにはこういった一風変わったホールに足を運んでみたくなりませんかね。

なんだか最近『クレアの秘宝伝』の客付きと稼働が異様に良いことに気が付きましてね。特に夕方以降のサラリーマンでにぎわっているような気がします。そこではっと思ったんです。あぁ、もう疲れ果てたんだなって。当たったにもかかわらず出玉の出ないAT機は、短時間で楽しめる気がしない……そんな風に考えている人も多いんじゃないかって。だから、開いてみたいんですよ、ノーマルタイプ専門店を。


自分が今でも「打ちたい!」と思う機種を

自分が今でも「打ちたい!」と思う機種を

正直なところ、機種構成に関しては完全に私の趣味が入っています(やっぱり入ってるんじゃないかっていうツッコミはなしで)。過去に好きだった機種をメインに、好きじゃなかったとしても人気があった機種などを並べてみました。

この原稿、またもや絶賛満喫で書いておりますので、短時間でパッと思いついた機種しか並べることができなくて、佐々木師匠を始めとしたノーマル好きマニアの方々からは「アレが入ってないじゃねーか」とおしかりの言葉をいただくことになるかもしれませんが、そこは皆様の頭に思い浮かんだノーマル機種を気に入らない機種と脳内で置き換えていただくことでご了承願えればと。

アイム系とハナハナ系は外せませんよね。本当はこの系統だけは今の台数の倍はほしいのですが、100台という少ない台数の指定なので仕方のないところ。光物としてはほかに『アクアビーナス』を入れてみましたが、本当は『ピカゴロウ』とかも入れたかったんですよね。
『エヴァシリーズ』は個人的には一番好きだった『まごころ』をチョイス。『決意』も個人的には割と好きですが、どちらかというと『最新台も入れなければ』という義務感から選んだ機種でもあります。

その他は、かなり趣味が入ってますね。本当にノーマルタイプだけで構成してもよかったんですが、やっぱり5号機で一番愛している『初代リンかけ』だけははずしたくなくて、そうなると『スパイダー』も、『ツイン』も……となってきてしまった次第。でも、ボーナス主体好きでもやっぱり少しは夢のある出玉感もほしいところでしょうから、このくらいのバランスの取れた機種まではいいのかな……と。

ホント100台じゃあとてもじゃないけど入れ切れないくらい機種があったんで、バラエティーも用意。『マーベルヒーローズ』とか、結構好きだったんですが当時はあの投資スピードが恐ろしくて設定が入っている時しか打てなかったものですが、今の機種に慣れた人ならマーベルくらいなんてことないでしょうね。そう考えたらそうかも……今、打ってみたいなぁ……なんていう人、他にもいらっしゃるんじゃないですか?


「設定」に関しても、当店は自信があります!

最近一時に比べるととにかくホールの設定状況が悪くなったと思いませんか?
『アイムEX』が全盛期だったころなんて6だらけだったし、119%機種がポンポン出始めた時だって、割はガッツリ高いのにぼちぼち6も投入されていましたよね。それがなぜ今は、こんな状況になってしまったのか……。

もちろん、消費税アップ前にホールがその時のことを想定できないからその前に抜いておこう……なんて考えているとかっていう原因もあります。ですがどちらかというとそれよりも、機種スペックに問題があるんです。
最近のAT機はとにかく低設定での誤爆が多い。それによって打ち手側が設定というものをあまり意識しなくなったからホールも設定を入れない……ということもありますが、それに加えてその誤爆というやつが、「ホールの計算を狂わせる」ことに設定が入らなくなった要因があるんですよ。

とあるAT機が2台、1万枚を超える出玉を吐き出したとします。もちろんホールは低設定を入れていてこれだけ出てしまったわけですから、完全にこれは誤爆。そしてその誤爆によって、その日の利益がほとんどでなくなる。これが、今のホールが最も恐れていること。AT機の誤爆によって出したいときの出し幅が必要以上に広がってしまったり、抜きたいときに利益が取れなかったりすることが続くから、確実に抜けるノーマルタイプの設定をとにかく下げて少しでも安心しようとする。利益を安定させたいのにAT機ばかり入れて自分たちの首を絞める……それが今のホールの悪循環なんです。

でも「パーラーワサビ」は大丈夫。誤爆するにしたって限界がある機種ばかりですし、日々の設定と比例した利益の計算ができる機種ばかりですから、出すときはしっかり出せます。設定6だって入れられます。もちろん私が店長ですから、『リンかけ』に6を使わないわけないでしょうし、バラエティーの『マーベル』だって2週間に1回は絶対に6を入れますよ。えぇ、架空ホールだからなんでも書けます。規制にも引っかからないから『毎週木曜日はRTの日』とか、『5と6のつく日は各機種に56』とか言えますし! よってらっしゃい見てらっしゃい、本物のスロ店はここにありますよ〜(笑)。


実現不可能じゃないんです

まぁ最後のくだりは置いておいて、このホール……実現不可能じゃないんですよ。設定をきっちり使って盛り上げるというホールの理想形。もちろんこのホールの立地場所とか、かわいいホールのおねーちゃんがいるとかいないとか、他の条件もどうしても付き纏いはしますが、ある程度の集客が見込める立地条件なら、間違いなくどんなに悪くても5〜6割稼働は見込めると思います。 世の中出てくる機種はAT機ばかりですから新台にお金を使う機会も少ないですし、飽きられない程度に機種をサイクルさせていればヘタしたら結構儲かるかもしれません。

いや、別に儲けたくてやるとかではなく、私も一人の打ち手ですから……ね。打ちにくるお客さんが、純粋に出玉と設定で喜ぶ顔が見たいだけです。新台のAT機はどこへ行っても打てますから。パーラーワサビでしか打てない機種、パーラーワサビでしか楽しめない楽しみ方。そんなものが提供できればと思います。

でも、ホールのスタッフは顔とスタイルで採りますよ、ご安心ください(笑)。

| 概要 | レポート |

前の記事へ 次の記事へ




このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る