> > チャーリー・ロドリゲス・湯谷の「私のデビュー戦」
スペシャルレポート

チャーリー・ロドリゲス・湯谷の「私のデビュー戦」

| 概要 | レポート |


チャーリー・ロドリゲス・湯谷の「私のデビュー戦」

春……春ですね。偶然にも今回のスペレポのテーマは「私のデビュー戦」ということで、この季節にピッタリであります。そしてデビューといえば、ヤンキースの田中投手。つい先日、デビュー戦を勝利で華やかに飾ったのは記憶に新しいところ。「始めよければすべてよし」ではありませんが、何事もデビュー戦は「その後」の未来を左右する程に重要ですから。

小生、パチンコ・パチスロ「デビュー戦」を振り返る時、残念なことに「悪い思い出」しかなく、その当時はまさかそれが「仕事」になるとは思いもよらず……。まさに「人生とはギャンブルそのもの」とは良く言ったものです。(あまり言われてませんか……)

でも、原点は「デビュー戦」にあることは間違いありません! ここまで熱中できた「何か?」がそこにあったのだ、とポジティブに捉え、読者の皆様に小生の「思いでを無理やり共有してもらう」ことにチャレンジしてみたいと思います。

まあ「高校生デビュー」「社会人デビュー」「渋谷デビュー」ならぬ、「中年デビュー」だと思って、お付き合いくださいませ。ぜひ、ご一読を!

Text by チャーリー・ロドリゲス・湯谷

次のページへ

| 概要 | レポート |

前のレポートへ 次のレポートへ




このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る