> > 冬月カースケの「こんなタイアップ機種を希望!」
スペシャルレポート

冬月カースケの「こんなタイアップ機種を希望!」

| 概要 | レポート |


冬月カースケの「こんなタイアップ機種を希望!」

パチンコは元々、平べったいただの板に釘のようなものを打ち付けたのが始まりらしい。「コリントゲーム」とか言う名前だったと記憶している。その後、名古屋市西区で遊技場を経営していた正村竹一商会の正村竹一さんが考案した正村ゲージ(まさむらゲージ)によって今のパチンコの原型ができたわけだ。それが、第二次世界大戦後の1948年頃。

当時はもちろん、タイアップどころかキャラすらなくて、ある意味無機質なパチンコだったろう。それでも娯楽が少ない時代には十分に刺激的で、まさに庶民の娯楽の王様だったわけだ。

時代は移り、時は流れ、今はタイアップパチンコの全盛期である。今回のコラムはその時代の潮流に乗りつつ、思うところを書いてみよう。はじまりはじまり。

text by 冬月カースケ

次のページへ

| 概要 | レポート |

前のレポートへ 次のレポートへ




このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る