パチンコ・パチスロ用語集

AT(えーてぃー) 7役に立ったね!

液晶などの演出を使って成立した小役の押し順などを連続して告知する区間である「アシストタイム」の略称。

各リールに散りばめられた色違いの小役や押し順に合致すれば最大払い出し枚数を獲得できる特殊小役など、同時に狙うことが不可能な成立役をナビゲーションすることによって、小役を容易に獲得できる効果が得られる。

5号機初のAT機『ゴルゴ13ザ・プロフェッショナル(平和・2006年)』

5号機初のAT機『ゴルゴ13ザ・プロフェッショナル(平和・2006年)』

コインの増える5号機版AT機の元祖『エージェントクライシス(エレコ・2011年)』

コインの増える5号機版AT機の元祖『エージェントクライシス(エレコ・2011年)』

4号機時代は、1Gあたりの純増が10枚以上にもなる“爆裂AT機”が一世を風靡したが、その高すぎる射幸性から規制された。その流れを経た5号機は、当初“全役を取得する”検査方式を採用。これにより、出玉設計上コインを増加させるATは困難となり、コイン持ちがよくなる程度というゲーム性の一環として搭載された。しかし、主だった人気機種も得られず。RTも加わったARTが全盛となり、ATのみという機種は長らく発表されなくなっていった。

ATだけでもコインを増加させられる契機となったのは、2011年に登場した『エージェントクライシス(エレコ)』だ。ATのみの部分でも1Gあたり約1.8枚の純増。リプレイ確率のアップも加わったART状態となれば、1Gあたり約3.0枚の純増となった。

この高純増を実現させるために採用されたアイデアが、純増0枚となるボーナスだ。これを応用した形として『ねえ〜ねえ〜島娘(オリンピア・2012年)』や『パチスロ鉄拳デビルVer.(山佐・2012年)』を皮切りに “5号機版AT機”が多く登場してくることとなる。

純増0枚ボーナスを搭載し、AT1Gあたりの純増約2.7枚を実現した『ねぇ〜ねぇ〜島娘(オリンピア・2012年)』

純増0枚ボーナスを搭載し、AT1Gあたりの純増約2.7枚を実現した『ねぇ〜ねぇ〜島娘(オリンピア・2012年)』

「アクセルAT」第1弾としてホール導入された『激闘!西遊記(KPE・2014年)』

「アクセルAT」第1弾としてホール導入された『激闘!西遊記(KPE・2014年)』

出玉試験上では、高確率で成立するボーナスを揃えながら消化することになるので、長期の出玉率も法律の規定範囲内で収まってくれる(実際にユーザーが遊技する際は、滅多にボーナスが揃うことはない)。また、ボーナス成立後はほぼ完全ハズレのないほどリプレイの確率がアップ。これにより、内部ボーナスを保有したまま、通常ゲームは常にリプレイ確率が高い状態でゲームが進行していくのが特徴だ。

よって、正しくは“通常ゲーム中は常にRT状態”。AT中は“小役獲得のためのナビゲーションも加わったART状態”ということになるが、常に同じRT状態に滞在し続けるため、RTを省略した形で“AT機”と呼ばれている。

AT機が主流となってからは、なかなか新たなシステムが開発されない時期も続いたが、2014年に登場した『激闘!西遊記(KPE)』によって、また新たな道が提示された。ボーナス中に小役を取りこぼすことも利用して純増0枚以下に抑えるなどの工夫によって、通常ゲーム中・AT中ともにリプレイ確率が高くない “アクセルAT”を実現。通常ゲームでのコイン持ちを大幅に抑えた分を出玉に転化させることにより、新たなステージへと進化した。

しかし、2014年8月に決定された新検査方式からの流れによる自主規制によって、2016年7月以降は高い純増枚数を誇る“5号機版AT機”は、登場することが困難になると予想されている。

あなたの豆知識※この用語に関するあなたの豆知識を書いてください。

  • 投稿された豆知識はありません。

新台更新中09/26 21:49現在


パチンコ・パチスロ用語集 豆知識投稿

※投稿時に空白行は削除されます。

留意・注意事項:

1.他者を差別もしくは誹謗中傷し、名誉もしくは信用を毀損する行為が発覚した場合は、書き込みを削除いたします。

2.クチコミ・実戦レポートの投稿にあたっては、特別の定めがない限り、原則としてコミュニティルールが適用されます。

3.クチコミ情報は、不特定多数のユーザーに見られる可能性のあるものです。
重要な個人情報(電話番号、クレジットカード番号など)は絶対に書かないでください。

4.クチコミ・評価の改善要望はサイト上では表示されません。
また、頂いた改善要望は777@niftyでまとめて、機種メーカーへ情報提供する可能性がありますのでご了承ください。


このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る