パチンコ・パチスロ用語集

ドル箱(どるばこ) 1役に立ったね!

パチンコの出玉を入れる箱。
元々のドル箱は、金庫や金銭を入れる箱のこと。パチンコにおける玉も、ある意味金銭であり、ドル箱と呼ばれるようになった。

また、会社の経営を支える人物や商品もドル箱と呼ばれる。「○○シリーズはうちのドル箱だから人気が出てくれなきゃ困るんです」と、パチンコ業界で使われることもある。

店によって箱のサイズは様々だが、近年は1,600〜1,800個入るタイプが主流。一昔前は2千個以上入る箱もあったが、最近はほとんど見かけない。ホール側の声としては、店内の出玉感を演出すべく、同じ出玉なら小分けにしてより多くのドル箱を積みたいのが本音。ただ、ホールスタッフの労力と人件費も考慮すれば、大当たり1回分の出玉は1箱でカバーできることが条件になる。その辺りのバランスを取れば、現行機種のスペックでは1,800個前後が妥当なサイズとなる。

ドル箱の底には玉が抜けない程度の穴が開いているが、あれは静電気をレールに逃がすためのモノ。下皿からドル箱に落とす際、玉と玉、あるいは玉と箱の摩擦は避けられない。そのためどうしても静電気が発生するのだが、穴を介してパチンコ玉が下のレール部に接地。たまった静電気を逃がしてくれる。

積み重ねられたドル箱は、羨望の視線を集めるとともに、ホールの出玉アピールにもつながる

積み重ねられたドル箱は、羨望の視線を集めるとともに、ホールの出玉アピールにもつながる

その他、テレビ東京系列で人気の深夜番組『今夜もドル箱』を指すこともある。こちらは、リニューアルを繰り返しながら今も続くパチンコバラエティー番組のパイオニア。その歴史は古く、第1回目の放送は1998年。現在は、サンドウィッチマンの二人がMCを務める『今夜もドル箱V』が放映中。番組内容は、サンドウィッチマンとゲストの出玉対決を柱に、人気女性ライターの機種解説や最新情報が盛り込まれている。

あなたの豆知識※この用語に関するあなたの豆知識を書いてください。

  • 投稿された豆知識はありません。

パチンコ・パチスロ用語集 豆知識投稿

※投稿時に空白行は削除されます。

留意・注意事項:

1.他者を差別もしくは誹謗中傷し、名誉もしくは信用を毀損する行為が発覚した場合は、書き込みを削除いたします。

2.クチコミ・実戦レポートの投稿にあたっては、特別の定めがない限り、原則としてコミュニティルールが適用されます。

3.クチコミ情報は、不特定多数のユーザーに見られる可能性のあるものです。
重要な個人情報(電話番号、クレジットカード番号など)は絶対に書かないでください。

4.クチコミ・評価の改善要望はサイト上では表示されません。
また、頂いた改善要望は777@niftyでまとめて、機種メーカーへ情報提供する可能性がありますのでご了承ください。


このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る