パチンコ・パチスロ用語集

ヘソ(へそ) 15役に立ったね!

メインデジタルを始動させるための入賞口。
デジタルをスタートさせるチャッカー、「スタートチャッカー」とも呼ばれる。
パチンコ台を擬人化し、盤面センターのメインデジタルよりやや下にあることから「ヘソ」の別称がついた。パチンコに限らず、モノの中央にあるくぼみ(穴)はヘソと称されるケースが多い。

一般的なデジパチのヘソと命釘

一般的なデジパチのヘソと命釘

ヘソの上に打たれた2本釘が、「ヘソ釘」、もしくは「命釘(いのちくぎ)」になる。命釘は「その台の生命線になる重要な釘」という意味もあり、デジパチの場合はヘソ釘だが、往年の一発台などでは大当たりを左右する入賞口の釘を命釘と呼ぶこともあった。

デジパチにおいてはまさしくヘソが最重要であり、店側の釘調整もこの2本を中心に行われる。パチンコ玉の直径は11mm。それに対し、ヘソ釘の間隔は11.5〜13mm程度。0.25mm刻みで調整されることが多い。

関連用語

大当たり 釘調整

あなたの豆知識※この用語に関するあなたの豆知識を書いてください。

  • 投稿された豆知識はありません。

新台更新中09/26 10:57現在


パチンコ・パチスロ用語集 豆知識投稿

※投稿時に空白行は削除されます。

留意・注意事項:

1.他者を差別もしくは誹謗中傷し、名誉もしくは信用を毀損する行為が発覚した場合は、書き込みを削除いたします。

2.クチコミ・実戦レポートの投稿にあたっては、特別の定めがない限り、原則としてコミュニティルールが適用されます。

3.クチコミ情報は、不特定多数のユーザーに見られる可能性のあるものです。
重要な個人情報(電話番号、クレジットカード番号など)は絶対に書かないでください。

4.クチコミ・評価の改善要望はサイト上では表示されません。
また、頂いた改善要望は777@niftyでまとめて、機種メーカーへ情報提供する可能性がありますのでご了承ください。


このページの先頭へ戻る




777@niftyトップへ戻る